2019/10/15

絶対知ってほしい!ママや主婦の「新しい働き方」とその具体例

 
hatarakikata

この記事を書いている人 - WRITER -

7歳と2歳の子供がいる福岡県在住のママです。
2012年に起業し、スタジオKという会社を運営しています。
2017年5月、起業・集客に特化したこのブログの運営を開始しました^^
詳しいプロフィールはこちら

SACHIKO

この記事を書いている人 - WRITER -

 

  • 「働きたいけれど、子育てしながら働くってこんなに難しいの!?」
  • 「子育てと家庭があるから、正社員でバリバリ働けない。けど、本当にこのままでいいの?」

と不安になっていませんか?

 

 

そんなママや主婦たちの中で、最近「新しい働き方」が話題になっています。

 

新しい働き方が話題になっている理由は、

  • 子育てや家庭を大切にしながら、自分の好きなことでイキイキと働くことができる

といったことではないでしょうか。

 

 

今回は、この新しい働き方について書いていきます。

もしかしたら、新しい働き方の中に、あなたの理想とする働き方のヒントがあるかもしれません。

読んで頂ければ嬉しいです。

 

 

おそらく私も、新しい働き方と言われる働き方をしている中の1人です。

私は5年前、子育てのため会社を退社しました。

でも、毎日漠然な不安を抱えていました。

「働かなくてこの先、大丈夫かな・・・」

「社会復帰したいと思ったとき(しなければいけなくなったとき)、どこも雇ってくれないかもしれない。」

そんな不安が頭の片隅にいつもありました。

でも今は、紆余曲折もあり、家にいながらも好きなことで働きながら暮らしています^^

詳しくはプロフィールに書いていますので、読んでいただけたら嬉しいです。

sachiko

 

 

 

新しい働き方の定義とは?

atarashiihatarakikata

そもそも、新しい働き方ってどんなものでしょうか?

色々なものを読んでまとめると、おおよそこんな感じです。

  • 1つの企業で働くことだけにこだわらない。
  • 働く時間が決められていない
  • 働く場所が決められていない

会社へ行き、決められた就業時間に働く。これがごく常識とされている働き方ですが、そうでない働き方が「新しい働き方」と言われているようです。

 

新しい働き方が増えた背景

ママや主婦の話に触れる前に、なぜ社会全体で新しい働き方をする人が増えてきたのかを簡単に触れておきます。

building

 

給料が少ない。

「給料が上がった!」より「給料が下がった!!!」という声を、よく耳にしませんか?
本当のところどうなんだろうと、調べてみました。

 

国税庁の調査によると、

日本の平均給与

●平成10年・・・・男 572万円   女 280万円  平均 465万円
●平成20年・・・・男 533万円   女 271万円  平均 430万円
●平成27年・・・・男 521万円   女 276万円     平均 420万円

 

平均給与は、この17年間で45万円も下がっていた・・・

 

給料が減ると、やっぱり家計は火の車・・・。

もらえていたはずの給料がだんだん少なくなっていくのはやっぱりツライ。

 

 

終身雇用が当たり前ではなくなった

多くの人は、会社に一度入ればその会社でずっと働けると思い込んでしまいがち。

でも、定年退職まで働くつもりだったのに、リストラや会社が倒産・・・。今はよく聞く話。

絶対大丈夫だと考えられていた大企業でさえ、そんなことが起きる時代。

自分の寿命より会社の寿命の方が短いともよく言われています。

そんな時代の流れから、何があっても大丈夫なように、自分で稼ぐ力をつけたいと考える人が増えてきたようです。

 

インターネットの普及でどこにいても仕事ができるようになった

インターネットさえあれば、仕事ができる場合が多いです。

毎日、酸素の薄い満員電車に乗らずとも、実は家で仕事ができる環境が整っているんですよね。

 

会議・商談・・・skype(スカイプ)zoom(ズーム)

連絡   ・・・メール・チャット

資料   ・・・PDF等でデータ化

 

 

ママや主婦がなぜ新しい働き方に注目しているのか?

 

mother

 

沢山のママや主婦がなぜ新しい働き方に注目しているのでしょうか。

 

子育てや家庭と仕事を両立できるかもしれない

 

働きたくても働けない、そんなママや主婦の方多いと思います。

ママや主婦が働くって、ほんと大変・・・。「何なんだ!」っていいたくなるくらい・・・。

  • 子供が病気しても休めない。
  • 子供の行事があるのに休めない。
  • そもそも保育園・幼稚園の時間に合う働き口がなかなか見つからない。
  • 面接行くのも一苦労。
  • 育児が終わったと思ったら介護が始まった

子育てや家庭と仕事を両立させようとすると、これまた難しいし。

子供や家庭のことを考えれば考えるほど、身動きがとれなくなってしまったりするんですよね。

 

 

でも、これって

働く = 雇われて働くこと

が前提になってしまっているからではないでしょうか?

 

雇われると、就業時間という長時間の拘束が発生します。

子育てや家庭と並行しなければならない主婦やママにとって、この長時間の拘束は、ハードルが高いんですよね。

 

 

 

でも、本当は

働く = 雇われて働くこと  ではないんですよね。

 

雇われなくても、働けます。

 

 

雇われずに働くことができれば、働く時間を自分で決めることができます。

働く時間を調節することが簡単とはいいませんが、会社勤めよりずいぶん融通が利きます。

 

働く時間を自分で決めることができれば、

  • 子供が病気のときもそばにいてあげれる。
  • 子供の行事だって、毎回見てあげることができる。

 

これは、ママや主婦にとって、ものすごく魅力的な働き方ではないでしょうか?

 

 

二人で働いた方が、やっぱり家計はラク!

あと5万円お給料があったら、だいぶ楽になるのにな。

なんてことないですか?

子育てって本当にお金がかかるし、幼稚園などの子供の学費って家計を圧迫しますよね・・・。

大学とか本当にお金がかかるんだろうな・・・(遠い目)

あと○円を、自分が働くことによって補えるようになれば、絶対家計は楽になりますよね。

それに今後に備えてやっぱり貯金もしたいですし。

 

もしもの時のために

先ほども書きましたが、パートナーの会社が絶対安泰なんていうことはありません。

突然のリストラや倒産だって、あり得ないことはないですよね。

そんなもしものことが起こってしまったとき、収入源がパートナーのお給料だけだったら・・・。

子供の教育費はもちろん、ローン、日々の暮らしだって危うくなってしまうかもしれません。

 

好きなことで働くと、人生楽しくなる

onanoko

 

主婦やママになると、

子育てのため・・・

家庭のため・・・

やりたいことをたくさん我慢して自分を押し込めてしまいがち。

ときには、自分の人生を生きていない気持ちになってくる。

 

子供が育って手を離れたとき、「私の人生なんだったんだろう・・・」と嘆く女性は多いそうです。

 

子育てや家庭のために、

自分の好きなように生きれなかった・・・

自分の人生を犠牲にしてしまった・・・

そんな風に思ってしまうなんて、とても悲しいですよね。

結婚や子育て本当に幸せなことなのに・・・。

 

女性は結婚すると、どうしても子育てや家庭の制約をうけます。

でも、今は働き方を自分でつくることができる時代。

なら、好きなことと働くことをつなげてみてはいかがでしょうか。

 

自分の好きなことで働くことで、自分の人生がうんと楽しくなります。

 

ママや主婦の新しい働き方 具体例

では、新しい働き方とは具体的にどんな働き方があるのでしょうか。

代表的なのものをあげてみました。

 

習い事教室の講師

ryourikyoushitsu

自宅の一部を使って、教室を開き、講師として活躍する人も増えました。

自宅であれば多額の設備投資が必要ないため、気軽に始められるのが魅力です。

習い事の教室の需要はどんどん高まってきているように思います。

料理を例に挙げると、以前は料理は母親に習ったり、自分で覚えることがあたり前でした。

でも、近年では料理教室に通って基礎を習う、見栄えのする料理を習う女性や主婦の方も増えてきています。

予約がなかなかとれない教室も沢山あります。

料理教室以外にも、パン教室・プリザーブドフラワー教室・ポーセラーツ教室・ラッピング教室などバリエーションも多種多様です。

今後さらに習い事教室の需要は高まっていくと思いますので、得意なことがある方にはぜひおススメしたい働き方です。

 

ネットショップ

komono

楽天・アマゾン・ヤフーなどネットモールの存在により、実店舗がなくても仕入れ先やオリジナル商品があればネットショップとして商品を販売することができるようになりました。

またハンドメイド作品をメルカリ・minne(ミンネ)などに出品したり、もしくはBASEなどで自分のネットショップをつくり作品を販売する人も増えてきました。

ネットショップといっても、原価・手数料・発送の手間・顧客とのやりとりが発生します。そのため、商材にもよりますが、ある程度大きな金額の売上げが必要です。

ハンドメイド作品の場合、それらに商品をつくるという労力が加わりますので、十分な収益を出そうとするとハードルがより高くなります。

ハンドメイドで収益を出そうと思うなら、メルカリ・minne(ミンネ)などにハンドメイド作品を出品するだけではなかなか難しいかもしれません。

ただし、別の方法と組み合わせることで収益を出すことは十分可能ですので、よかったら見てみてください^^
急増化中!主婦のハンドメイド作家さん。お金を稼ぐ一番の近道とは?

 

ブロガー・アフィリエーター

netshop

ブロガー・アフィリエーターは厳密にいうと意味合いが違うのですが、両方とも、ブログを書くことで収益を生み出します。

ブロガー・アフィリエーターどちらか一方と線引きをしていない人が多いのでまとめて説明します。

 

ブログを書くことで収益だす具体的方法は、

  • Googleが提供する広告を自分のブログに貼り、読者からクリックされると報酬が発生
  • 企業などが持っている商品を代わりに自分のブログで販売し、報酬を得る(アフィリエイト)
  • 「オンラインサロン」を運営する(有料ファンクラブのようなもの)
  • 書籍の出版し収入を得る

 

ブログを書くだけでいいの?簡単に出来そう!と思われるかもしれません。

仕組みはそんなに難しくありませんが、収益を得るようになるには、知識もやり方も必要です。

それに、ブログをたくさん書く必要があるので、決してラクではありません。

但し、一旦収益を生み出せるまでのブログに育てることができれば、ブログを書かない時でも、寝ている時間でも、どんなときでもずっとそのブログが収益を生み続けてくれます。

ブログを書くのに必要な道具はパソコン1台。

ブログは空いている時間に書くことができるので、時間に制約のある主婦やママだって十分挑戦できます。

挑戦する価値はすごくあると思います。

 

コンサルタント

 

コンサルタントとは、ある分野についての経験や知識をもち、顧客の相談にのって、指導や助言を行う専門家です。

顧客が抱える悩みに対し、様々な課題を明らかにして解決・助言する人のこと。

よく聞くのは

経営コンサルタント(企業の経営方針に関してアドバイス)

ITコンサルタント(企業の特性にあわせたネットワークの提案・構築)

だったりしますが、

最近では

ファッションコンサルタント(個人の服装についてアドバイス)

なんてものも存在します。

世の中にはいろんな悩みが存在するわけで、そこが解決できれば収益につなげることができます。

 

在宅ワーク

webデザイナー・グラフィックデザイナー・ライター・イラストレーターです。(職種は違いますが)

前職からのつながりで実績やコネがある人は、個人でどんどん仕事を請け負って会社に縛られることなく仕事をされる方も多いです。

コネや実績がない人でも、クラウドソーシングを利用すれば比較的仕事はとれやすいかと思います。

しかし単価がかなり低いのが現状。

最初はクラウドソーシングを利用するのもいいかもしれませんが、後々は自分で仕事をとることに力を注いでいくべきだと思います。

 

代表的なものを書いてみましたが、これらに縛られなくて全然OKです。

「自分はこんなことで、あなたの悩みが解決できます。」というものがあれば、なんだってビジネスにできます。

sachiko

 

まとめ

私は、ママや主婦に、新しい働き方があることを知ってほしいと思っています。

今は、自分で働き方を作れる時代なんです。

 

ママや主婦である以上、子育てや家庭の制約を必ずうけます。

ただその制約は常に一定ではありません。

人生の中で、制約が大きくなるときもあれば小さくなるときもあります。

 

常に変化するママや主婦のライフスタイル。

自分で働き方をつくることができれば、どんな変化の中でも柔軟に対応して働くことができるんです。

子育てや家庭はもちろん、自分の人生だってとても大切にすることができます。

 

 

あなたが望む働き方、それはどんな働き方ですか?

 

 

——————————————————————–

私、林田も、新しい働き方と言われる働き方をしている中の1人。

コネ無し、実績無しからスタートし、

6年で9桁の売上をつくった私の実話を

メール小説にしました。

無料で読めます^^

何かのヒントになれば嬉しいです。

 

私、林田の実話↓

「全てはここから始まった」

 

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© スタジオKサロン , 2017 All Rights Reserved.