2018/10/03

ブログで成果が出るプロフィール写真とは?撮影時の注意点とポイントは?

 

この記事を書いている人 - WRITER -

7歳と2歳の子供がいる福岡県在住のママです。
2012年に起業し、スタジオKという会社を運営しています。
2017年5月、起業・集客に特化したこのブログの運営を開始しました^^
詳しいプロフィールはこちら

SACHIKO

この記事を書いている人 - WRITER -

 

こんにちは!
教室集客プロデューサーのSACHIKOです。

 

あなたは、ブログに載せるプロフィール写真、
どんな写真を使っていますか?

 

プロに撮影してもらったという人もいれば、
スナップ写真を使用している、
いやいや、そもそも顏出ししていないよ、
という人もいるかもしれませんね。

 

しかし!

もし、あなたが
個人教室の講師であるなら、 プロフィール写真には、かなりこだわった方がいい!

私はそう断言できます。

 

なぜなら、
プロフィール写真は、
集客を左右するほどの、大きな影響力を持っているからです。

 

逆を言えば、
間違ったプロフィール写真を使ってしまうと、
集客に逆効果を与えてしまうことも。

 

まじか!

うさぴょん

 

だからと言って、
プロフィール写真を使わず、
顔出ししないのであれば、
正直、どこの誰がやっている教室なのか、
相手に印象を残すことが難しいし、
その中で個人教室が差別化をするのは
ハードルが高いです。

 

習い事教室の集客方法|個人教室に不可欠な集客術!大手教室には真似できない方法とは?

 

でも!
プロフィール写真を味方につけることで、
あなたのブログ集客を、
より加速させることはできるんです。

 

プロフィール写真を撮影するなら、
生徒さんがあなたの教室に来たくなるような
プロフィール写真にしたいですよね!

 

なので、今日は、

個人教室の講師の方が
プロフィール写真を撮影するとき、
事前に知っておくべき注意点・ポイント

について解説してみたいと思います。

 

講師も見た目が9割?見た目の恐ろしい影響力

 

no

先ほど、プロフィール写真は、
集客を左右するほどの、大きな影響力を持っている
とお伝えしました。

 

プロフィール写真とは、
その講師の見た目(外見)を表すことになりますよね。

 

「人を見た目で判断してはいけない」
という言葉がありますが、
人を見た目で判断することということを
裏付けている言葉と思いませんか?

 

じゃなかったら、そんな言葉生まれません。

 

そう、人は見た目によって、大きな影響を受けるものなんです。

 

見た目についての研究結果は、
色々報告されています。

 

 

  • 1974年にカナダ連邦選挙を扱った研究によると、外見が魅力的な候補者はそうでない候補者の2.5倍もの表を獲得した。
  • 模擬面接会場での研究によると、仕事に必要な資格よりも、応募者の身だしなみの方が、決定に大きな影響を及ぼしていた。
  • ペンシルバニア州で行われた研究では、ハンサムな男性の方がずっと軽い判決を言い渡されていることがわかった。

 

 

実は、私たちも
見た目にしばしば影響されていたするんですよね。

 

身近なエピソードとしては、

  • 服を買いに行ったとき、声をかけてきた店員さんがいた。
    その店員さんはセンスが良くなくて、
    この人からは接客を受けたくないと感じた。
  • 新しい美容室に行って、担当になった美容師さんが
    なんだか田舎っぽくて、本当に格好のいいヘアスタイルにしてくれるのか終始不安でたまらなかった
  • 面接にきた人が身なりが整ってなかったので、不採用にした
  • 友達のプレゼントを買いに行ったとき何にしようか迷ったため、センスがよさそうな店員さんを選んで声をかけた

などなど。

 

もしかしたら、あなたにも思い当たる節があるかもしれません。
どんな人でも見た目って影響を受けているんですよね。

 

人の第一印象は3~5秒で決まるそうです。

でね、あとここもポイントなんですが、
女性は特に、見た目で自分より上か下か判断するそうなんです。

 

怖すぎる・・・

うさぴょん

 

 

【ポイント】

見た目が与える影響力は絶大

ブログではプロフィール写真が講師の「見た目」になる

 

 

ブログのプロフィール写真が超重要な理由

camera2

 

ブログのプロフィール写真の話に戻しましょう。

 

ブログを訪れた人で、
あなたのサービスに興味を持った人は、
かなりの確率で
プロフィール写真をチェックします。

 

で、、、、

プロフィール写真を見て、

「この講師から習ってみたい!」

「こんな講師なら、習いたくないなー」

と、一瞬で判断している!

っていっても過言ではないんです。

 

いや、だからマジで怖いし。

うさぴょん

 

すごい怖い話になってしまいましたが、、、、

要は、

そんな影響力をもつプロフィール写真を
何も考えずに撮影するなんてもったいないよ!

っていうことなんです。

 

個人で教室を運営しているなら、
プロフィール写真は絶対味方にしておいた方がいい。

SACHIKO

 

 

【ポイント】

プロフィール写真はかなりチェックされる

プロフィール写真の良し悪しが集客を左右する

 

ブログにのせるプロフィール写真を撮影する前の、注意点やポイントは?

 

hirameki

 

プロフィール写真の役割は、
「この先生からレッスンを受けてみたい」
って思ってもらうことです。

 

それ以外、プロフィール写真を撮影する理由はありません。

 

プロフィール写真を撮影するときに重要なキーワドは、

  • 信頼
  • 憧れ

この2つです。

 

プロフィール写真により、

「この先生、さすがだな」
「この先生、本当にその道のプロなんだなぁ」

など、信頼と憧れを目に見えて感じる
ことができる。

 

そうすることで、その人の中に
「この先生からレッスンを受けてみたい」
っていう感情が生まれてくるんですね。

 

「この先生からレッスンを受けてみたい」
ということは、この先生だから習いたいってことだよね!
つまり価格競争に巻き込まれないってことだよね!

うさぴょん

正解!

SACHIKO

 

【ポイント】
プロフィール写真の目的は、
「この先生からレッスンを受けてみたい」と思ってもらうこと。

そのために、プロフィール写真で信頼と憧れを作り出せ!

 

 

では、いよいよ
「この先生からレッスンを受けてみたい」
と思ってもらうえるプロフィール写真にするために、
撮影前に知っておくべき注意点・ポイントを
書いていきたいと思います。

 

チェック式になっていますので、
ぜひ見てみてくださいね!

 

プロフィール写真の注意点やポイント

 

□ 服装はその道のプロに見えるような服装にする。

例えば、料理教室なら、どこにでも売られているようなエプロンは避ける

自分の好みだけを重視したエプロンは避ける

プロが着用しているようなエプロンを着用して写る。(一目で先生とわかるように)

□ 清潔感のある髪型、化粧にする

髪はきちんとセットしましょう。

口紅は派手すぎるものは避け、逆に色味が少ないもの、暗いものは避けましょう。(血色が悪く、具合が悪い人に見えます)

□ 目に前髪がかかったような写真は使わない。(印象が暗くなるため)

□ 趣味嗜好が強い服装・髪型は避ける。(プロらしく見えるようなものを)

□ 姿勢を正す。

□ 職種にもよりますが、優しい笑顔で写りましょう。(笑顔だと人は安心します)

□ 自宅教室の人は、日常的なもの(子供のおもちゃや家族写真など)が入らないように撮影しましょう。

□ 解像度の低い(画像が粗い)写真は使わない。

□ 暗い写真は使わない

□ アプリを使った写真(snsのプロフィールで使う人いますが、信用を落とすのでやめましょう)

 

※プロフィール写真はプロにとってもらうことを強くおススメします。

カメラマンの選ぶ時に注意すること

□ ただキレイな写真を撮れるだけではなく、教室のコンセプトが感じられるような写真をとれる(そのためにコンセプトは明確に伝えましょう)

□ 打ち合わせをしっかりしてくれる

□ コンセプトをなかなか把握してくれないカメラマンは避けましょう。

□ 沢山の枚数を撮影してくれ、本当にいい写真をとろうとしてくれるカメラマンを選びましょう。

□ 出張撮影なら、レッスンしている風景(レッスンを思い起こさせる風景)や教室の雰囲気・小物などのイメージ写真の撮影も依頼する

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

  • ブログで教室集客したいなら、プロフィール写真はめちゃくちゃ重要!
  • プロフィール写真の目的は、見込み客に「この講師から習ってみたい」って思ってもらうこと。
  • プロフィール写真の撮影する前に、事前に知っておきたい注意点・ポイント

 

っていうことを記事にしてみました。

 

プロフィール写真の注意点って、

特別変わったことではなく、

むしろ普通のことのように感じるかと思いますが、

この普通のことが出来ていなくて、

損している講師の方、ものすごく多いです。

 

プロフィール写真を味方につけて、
ぜひあなたの教室集客を加速させてくださいね!

 

あなたから習いたい!
そんな理想の生徒さんに出会えますように。

 

 

私は福岡ですが、

いつもむつみさんというプロカメラマンさんにお世話になっています^^

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© スタジオKサロン , 2018 All Rights Reserved.