2018/09/11

知ってた? 成功している習い事教室の講師に共通するブログ活用法。集客だけではもったいないよ

 
naisho

この記事を書いている人 - WRITER -

7歳と2歳の子供がいる福岡県在住のママです。
2012年に起業し、スタジオKという会社を運営しています。
2017年5月、起業・集客に特化したこのブログの運営を開始しました^^
詳しいプロフィールはこちら

SACHIKO

この記事を書いている人 - WRITER -

 

こんにちは!SACHIKOです。

 

突然ですが、あなたはブログを何のために書いてますか?

 

そりぁ、集客のためでしょ。

ナナコさん

 

もしあなたが習い事教室の講師であるのなら、

ブログを書く目的は、もちろん集客のため、

つまり

新規の生徒さんを集めるため

だと思います。

 

ただ、

 

ブログには、新規の生徒さんを集める集客以外のスゴイ活用法もあることを知っていますか?

SACHIKO

 

 

実は、ブログを活用すれば

新規の生徒さんはもちろん、今あなたの教室に来てくれている既存の生徒さんが、もっともっとあなたの濃いファンになってくれる

そんな状態を作りだすことが出来るんです。

 

え!そんなことが出来るの?

ナナコさん

できます^^

SACHIKO

 

習い事の講師であれば、知らないでは済まされない

生徒さんに自分の濃いファンになってもらうためのブログ活用法

について今日は記事を書いてみたいと思います。

 

収益をしっかり出せる講師は、集客のためだけにブログを書くわけではない。

ファンづくりにも活用しているという事実

 

hirameki

 

レッスンの回数をあげて頑張っているのに、月の売上が10万以下という講師の方が多い中、

一方で、

月の稼働日が10日以内でも、月30万以上、50万円以上の売り上げを出す講師の方がいます。

 

え!すごい!!!

でも、その違いって何?

ナナコさん

 

決して多くない稼働数でも、しっかり収益をだせる講師に着目すると、

様々な要因があったりするのですが、

その中の1つに

その講師の方には濃いファンの生徒さんがいる

という事実があります。

 

 

 

濃いファンというと、

 

 

そりぁ、生徒さんが私の濃いファンになってくれたらありがたいけれど、

芸能人でもないのに大げさでしょ、あはははは

ナナコさん

 

 

という方もいるかもしれません。

 

でも、習い事の講師に関していえば、

濃いファンというのは、

この先生だからこそ学びたい。

この先生が言うなら間違いない。

この先生についていきたい。

そんな風に思ってくれる生徒さんです。

 

ただ、好き、かっこいいだけの感情ではなく、

その講師を信頼しきっている、

つまり、講師と生徒さんの間にしっかり信頼関係が成立している状態です。

 

こうなれば、価格競争に埋もれることがありません。

価格を下げなくても、

生徒さんがあなたから教わりたいと言って、あなたの教室に通ってくれる。

そういう状態。

 

価格を下げなくても(高額レッスンでも)生徒さんがあなたの下に来てくれるので、

決して多くない稼働数でも、しっかり収益をだせる教室運営が可能になるんですね。

 

生徒さんをいかに自分の濃いファンにしていくか(信頼してもらえるか)は、

習い事の講師の方にとって、それだけ重要なこと。

そして、決して多くない稼働数でも、しっかり収益をだせる講師の方は、

濃いファンつくることをとりわけ重要視されてあるように思います。

 

 

だからこそ、

新規はもちろん、既存の生徒さんが自分の濃いファンになってもらう(より信頼してもらう)ための1つの手段として、ブログを活用するんですね。

 

ブログの効果はそれだけ高いってことなのね!

ナナコさん

 

 

ブログは集客だけではない!

生徒さんに自分の濃いファンになってもらうためのブログ活用法

 

習い事の講師の方にとって、

生徒さんをいかに自分の濃いファンにしていくか(信頼してもらえるか)は、ものすごく大切なこと

 

そして、

ブログを活用すれば、

新規の生徒さんはもちろん、今あなたの教室に来てくれている既存の生徒さんが、もっともっとあなたの濃いファンになってくれる

そんな状態を作りだすことが出来るんです。

 

それは先ほど書いたとおりです。

 

では、そのための具体的なブログの活用方法について説明したいと思います。

 

 

レッスンでは伝えきれないことがあるはず。ブログにはどんどん書いていこう

レッスンって時間が限られていますよね。

その限られた時間の中で、全てを伝えるってなかなか難しいと思います。

 

例えば、料理教室であれば、レッスン中にアドバイスするのはレシピや工程などアドバイスが中心になっていきますよね。

でも、伝えることができる大切なことって、実はアドバイス以外にもあったりするんですよね。

 

え?例えばどんなこと?

ナナコさん

 

ちょっと例をあげてみますね。

SACHIKO

 

  • レッスンで採用しているレシピ、それを開発したときエピソード

子供が生まれるまでは、大好きだったはずの料理。

なのに、子育てが始まると、毎度のご飯づくりがとにかくプレッシャーに。

子供をあやしながらのご飯づくり、それだけでもすごく大変なのに、家族の栄養も考えなければいけない、そして家族全員が食べれるものでなければいけない、

それが私の中でとてもプレッシャーだったんです。

そんな時、

私みたいにプレッシャー感じている人いるんじゃないかな、

そう思いました。

こんな私だからこそ、同じ悩みを抱えている人の力になれるんじゃないか。

楽に、且つ栄養もしっかりとれるご飯とは一体どんなご飯だろう、毎日そんなことを考えて1年かけて完成したレシピがこれです。

  • 作るという工程をなるだけ簡略化するための下ごしらえの仕方
  • 抱っこしながらでも出来るようにすべての工程が片手で1つで行える
  • 野菜が苦手な子供でも、嫌がらずに食べれる見た目と味付け
  • 身近で簡単に買うことができ、栄養価が高い食材
  • 栄養の相乗効果が高い食材の組み合わせ

を特に意識して開発しています。

 

わかるわかる、その気持ち。

小さい子をあやしながらのご飯づくり大変だもんね。

でも、あんなに先生料理上手なのに、料理がプレッシャーだった時期もあるんだなぁ。

悩みがわかるからこそ、先生のレシピって本当に役立つレシピなんだな。

それに、悩むだけでなく、そこから人の役に立ちたい思える先生って、やっぱり素敵だなぁ。

うさぴょん

 

 

  • 生徒さんに分かりやすく説明するためにどんなことを意識しているのか。

レッスンでは正直難しいと思う内容もあるかもしれません。

ただ、なるべく生徒さんが混乱しないよう、最初にものごとの全体像を説明するようにしています。

全体像を説明した後に、詳細の説明に入っていくようにしているんですね。

例えると、全体像が幹、そして詳細が枝葉というような感じ。

枝葉にどんなに詳しくても、幹がなければ、その木が一体どんな形をしているのか認識することは不可能ですよね。

でも、幹がどんな形でどんなものなのか最初に説明して、幹に枝葉をつけるような形で説明すれば、その木がどんな形をしているのかおおよそ把握することができます。

だからこそ、私の教室では、生徒さんにまずは全体像をしっかり把握してもらう、そして詳細を補足していくような方針をとっています。

 

 

なるほど!

先生のレッスン分かりやすいと思ったら、こんな理由があったんだ!

先生、やっぱりさすがだなぁ。

うさぴょん

 

 

 

などなど。

 

伝えることできることって、考えれば考えるほど出てくるもの。

どんどんブログに書いていくことで、レッスンの価値が一層上がっていきます。

SACHIKO

 

あなたの人間性はブログに出していこう!(自己開示)

 

突然ですが、スポーツ選手のドキュメンタリー番組見たことありませんか?

例えば、ボクシングの選手。

幼い頃いじめられっ子で、いつも泣かされてばかりだった少年。

毎日の学校が、嫌で嫌でたまらなかった。

いじめる奴は本当に嫌いだったけれど、

すぐにいじめられる対象になってしまう弱すぎる自分自身が一番嫌だった。

悔しい。

誰も手が出せないほど強くなりたい。

ある時、少年はそう決意し、ボクシングジムの門を叩く。

そしてその日から血のにじむような猛練習が始まった。

幾度の大怪我や挫折を乗り越え、リングの上に立つ。

 

なんて、よくあるドキュメンタリー番組。

試合している彼しか見たことなかったときは、何とも感じなかったのに、

ドキュメンタリー番組を見た後、試合を見ると、なぜか無性に彼を応援したくなっている

なんてことありませんか?

 

ドキュメンタリー番組を通して、

彼の考え方、ものごととの向き合い方、壁をも乗り越える強い信念

などに触れたことで、

その人のことを知っているような気になり、その人のことを応援したくなるんですよね。

 

では、習い事の講師に生かせることは何かないでしょうか?

レッスン以外の場で、あなたのことをより知ってもらえる場所、それがブログです。

ブログを使ってあなたの人間性を出していくことで、

生徒さんは、あなたの価値や魅力をより一層強く感じてくれるようになるのです。

 

 

生徒さんが講師である私に価値を感じてくれるような、人間性が伝わる記事かぁ。

どんなことを書けばいいんだろう?

ナナコさん

 

 

  • 「過去の失敗談+克服談」を書く

先生だって失敗したことがあるんだなぁ~、なんだか親近感。

でも失敗をバネにしているなんて、さすがだなぁ。

うさぴょん

 

  • 「どんな想いで教室運営をしているのか」を書く

先生、こんな想いで教室運営してるのね、なんか感激!

うさぴょん

 

  • 「様々な出来事から、どんなことを感じてどんなことを伝えたいのか」を書く

へー!先生ってこういうものの捉え方をする人なんだなぁ。

うさぴょん

 

 

ブログの中でも、一番あなたの人間性を伝えやすいのはプロフィール。

プロフィールに、誕生日や所有資格位しか書いていない習い事講師の方も多いですが、

でも、これ、本当にもったいないです。

あなたのサービスに興味がある人なら、プロフィールは読んでもらえる可能性が高い箇所。

だからこそ特に力を入れて書くべき場所です。

どんな経験をしてきて、どんな人なのか、そして、どんな信念をもっているのかを書いて、

しっかりあなたという人の価値を伝えましょう。

 

生徒さんのモチベーションを上げるためにもブログを書こう

レッスンでは確かにあったはずの生徒さんのモチベーション。

なのに、レッスンが終わると、復習もしてくれない…。

生徒さんのモチベーションが下がりすぎると、次のレッスンに来てもらえないなんてことが起こるので困ったものです。

 

それに、生徒さんの成長のためにも、生徒さんのモチベーションを上げていきたいですよね。

 

 

生徒さんに直接会うことができるレッスン以外でも、生徒さんのモチベーションをあげることに一役かうのがブログ。

 

モチベーションが下がる原因は、仕事や日常生活の中で、教室の存在が薄まってしまうからなんですよね。

だからこそ、ブログを使って、

生徒さんが「あ!家でもやってみよう」「次のレッスンもやっぱり楽しみだな」

とレッスン以外でもモチベーションを保ってもらうことも大切なんです。

 

 

例えば、料理教室であるのなら、

  • その季節に手に入れることができるおすすめの旬の食材や選び方
  • 講師がよく利用する美味しい食材店
  • レッスンで教えているレシピをアレンジしてつくってみた料理
  • テーブルコーディネート術
  • おすすめのキッチン道具やお弁当箱

などなど。

料理教室に通っている生徒さんが、ますます料理が好きになる知識や情報を書いていく。

こちらからの働きかけで、生徒さんのモチベーションを上げることができるんですね。

 

ブログでアウトプットすることで、講師の知識レベルも格段にあがっていくという大きなオマケもついてくるのでおススメです。^^

 

 

まとめ

ブログはやり方次第で、集客だけでなく濃いファンをつくるツールとなるということ。

 

ポイントは、

 

  • 生徒さんにとって役立つ内容の記事
  • 生徒さんが自ら読みたくなるような内容の記事
  • あなたの人間性が伝わるような内容の記事

これを、どんどん書く。

 

これらを書くことで、

あなたの教室の価値は一気に上がり、あなた自身がブランドになります。

 

ブログを活用すれば、

新規の生徒さんはもちろん、今あなたの教室に来てくれている既存の生徒さんが、もっともっとあなたの濃いファンになってくれる

そんな状態を作りだすことが出来るんです。

 

 

こうなれば、間違いなく最高の状態で教室運営が可能になります。

 

ブログは、日記や集客のためのレッスン案内だけ書いてるだけでは非常にもったいないです。

 

ぜひぜひ挑戦してみてくださいね!

 

 

ちなみに、ブログを書くときは、ブログの読みやすさにも配慮することも重要です。こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

【読みやすいブログの書き方】ブログ初心者でもコツを知るだけで、驚愕の効果が!

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© スタジオKサロン , 2018 All Rights Reserved.