2018/09/11

私の教室に申し込みがないのはなぜ?生徒をインターネットで集客するための大原則

 
drm

この記事を書いている人 - WRITER -

7歳と2歳の子供がいる福岡県在住のママです。
2012年に起業し、スタジオKという会社を運営しています。
2017年5月、起業・集客に特化したこのブログの運営を開始しました^^
詳しいプロフィールはこちら

SACHIKO

この記事を書いている人 - WRITER -

 

 

私の教室に生徒さんが集まってほしくて、ブログ書いているんだけどね・・・

全然お申し込みがないの・・・

ナナコさん

 

「インターネット(ブログ・HP・SNS等)から申し込みが入らない・・・・」

教室をされている先生の中には、こんな悩みを抱えていらっしゃる方はとても多いと思います。

 

  • 料理教室
  • パン教室
  • ハンドメイド教室
  • 書道教室
  • パソコン教室
  • ピアノ教室
  • 英会話スクール
  • マナー教室
  • 茶道
  • バレエ教室
  • 音楽教室

 

教室っていっても、種類はたくさんあります。

 

でも!

 

種類は違えど、インターネットから申し込みが入らない原因って、実は共通しているんですね。

 

そうなの?

うさぴょん

そうそう、実は実は。

SACHIKO

 

インターネットから申し込みが入らない原因、

それは、インターネットから申し込みをもらうための大原則を知らないから、もしくは知っていても反映できていないからなんです。

 

今日は、インターネットから申し込みをもらうために欠かせない大原則について、出来るだけ簡単に書いていこうと思います。

 

 

集客して、教育して、販売する

 

 

インターネットから申し込みをもらうための大原則とは、

集客して、教育して、販売する。

 

実はこれだけ。

 

 

簡単に説明しずぎじゃない!?

うさぴょん

でも、これが全てなんだよね!

SACHIKO

 

 

集客して、教育して、販売する。

つまり、

  1. 見込み客を集める(集客)
  2. 信頼関係を築く(教育)
  3. 商品を売る(販売)

です。

 

申し込みをしてもらうための手段としてインターネットを活用したいのなら

この「集客」→「教育」→「販売」という大原則を必ず守る必要があります。

これ無しには申し込みはこないと言っても過言ではないのです。

 

 

 

では、「集客」・「教育」・「販売」について1つ1つ説明していきますね。

 

 

集客

shuukyaku

集客=見込み客を集めること

です。

 

見込み客、つまり、あなたの生徒になってくれそうな人を集めることを言います。

 

どんなにいい教室でも、誰にも知ってもらえなければ、申し込みはきません。

また集めればいいっていうのではなく、あなたの生徒になってくれそうな人を集めていかなければいけません。

 

集客を掘り下げていくと、

  • どうやればインターネット(HP・ブログ・SNS)を見てくれる人が増えるのか
  • 質の高い見込み客を集めるにはどうしたらいいのか
  • どんな手段を使って集めていくのか

など、集客を成功させるためにはこの工程を1つ1つ積み重ねていくわけですね。

 

教育

 

kyouiku

 

 

教育ってなんか、言葉がやらしくない?

うさぴょん

 

教育っていうと、なんだか嫌な感じに聞こえますよね。

でもビジネスの世界では悪い言葉でもなんでもなく、ものを売る時には当たり前に使われる言葉なんです。

 

 

 

教育=信頼関係を築いて、あなたの教室に価値を感じるようになってもらう段階

だと考えて頂くと分かりやすいやすいと思います。

 

実際の生活の中でも、人と信頼関係を築くってとても大切なことですよね。

リアルでは当たり前なんですが、インターネットの世界でも、信頼関係を築くことって、ものすごく大切なことなんです。

あなたに会ったことがないのに申し込みをしてもらうわけですから、あなたのことをまずは信頼してもらう必要があるわけですね。

 

では、どんなとき、信頼関係が築かれるんでしょうか?

  • あなたのことを知って共感したとき。
  • 悩みの解決策が具体的で明確に示されていたとき。
  • 知識豊富で信用できる専門家だと認識したとき。
  • この人は自分の悩みを解決してくれると認識したとき。

こんな時、信頼関係が築かれていくんです。

そして、最終的には、この先生の教室なら間違いないだろうと、あなたの教室に価値を感じてもらう。

 

信頼関係があると、

「この先生の教室だから通ってみたい。」

と思ってもらえるようになるんです。

 

 

信頼関係を築いて、あなたの教室に価値を感じてもらう。

あなたの教室だからこそ価値を感じてもらう。

 

ブログを書いたり、SNSで発信する時には、

  • あなたのことを信頼してもらうにはどうしたらいいのか
  • あなたの教室に価値を感じてもらうにはどうしたらよいのか

これを必ず意識することが大切です。

 

 

販売

 

hannbai

 

 

この場合だと、

販売=申し込みをしてもらう

ことになります。

 

ただ、前段階の集客・教育が上手くいくと、販売するのは難しくありません。

意外とすんなり申し込んでくれます

 

あなたの教室だからこそ通いたい。

そう価値を感じる人に申し込んでもらえるという仕組みが出来上がっているんですね。

なので、価格だけを重視していない、いい生徒さんに申し込んでもらえる可能性がとても高いのです。

 

つまり販売するには、集客・教育という土台をしっかり作っておくっていうのが大切っていうことなんです。

 

もちろん、教室自体が価値あるものであることは大前提だよ!

うさぴょん

 

まとめ

集客して、教育して、販売する。

インターネットからお申込みをもらうためには、これが大原則なんです。

 

まずはこの大原則を知ることが、スタート地点です。

 

その次の段階、

実際に集客して、教育して、販売できるようになるためには、どうしたらいいのか。

 

私のサービスでは、こちらについてもアドバイスをしていきます。

知識をもった上で、この工程1つ1つを丁寧に作り上げる。

安定して新規の生徒さんを集め続けることができる仕組みを作っていきます。

仕組みづくりは、ビジネスの繁栄には欠かせません。

逆に仕組みづくりがしっかり出来ていなければ、どんなに好きなことでも運営していくことが難しくなります。

だからこそ、仕組みづくりはものすごく大切。

 

サービスの準備が出来たら、このブログでご案内したいと思います。

 

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© スタジオKサロン , 2017 All Rights Reserved.