2018/09/11

自信喪失?女性起業家で落ち込んだら。このマインドで切り抜けろ!

 

この記事を書いている人 - WRITER -

7歳と2歳の子供がいる福岡県在住のママです。
2012年に起業し、スタジオKという会社を運営しています。
2017年5月、起業・集客に特化したこのブログの運営を開始しました^^
詳しいプロフィールはこちら

SACHIKO

この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは!SACHIKOです。

 

起業してずっと走り続けていると、

「もう私にはムリかもしれない・・・」

と、自信を喪失してしまうことが、もしかしたらあるかもしれません。

 

活躍する周りの起業家を見て、

もしくは、競合となるライバルを見て、

もしくは、家庭や子育てという時間の制約で思うように仕事が進まなくて、

 

私にはもうムリなんじゃないか・・・というような気持ち。

 

こんな気持ちに支配されているとき・・・

本当につらいですよね。

 

いつも前向きな私ではありますが、

「私には、もうムリなんじゃないか」

こんな気持ち、何度も経験しました。

 

でも、つぶれていません。

つぶれそうになっても、自分を奮い立たせて走り続けてきました。

 

結果、今があります。(発展途上中)

 

私には、自分を奮い立たせるために大切にしているマインドがあります。

私だけではなくて、きっと誰かにとってもエネルギーを与えてくれるマインドだと思うから、今日はそれをシェアするつもりで書いています。

 

 

 

自信喪失した原因を考えてみる

自信を喪失してしまった原因はなんなのか?

もちろん自信喪失してしまった原因は、人それぞれなんだけれど。

でも、大きな意味でとらえると、

自分が思い描く未来に、なかなか手が届かない。

それが原因ではないでしょうか。

 

活躍する周りの起業家を見て自信喪失

→自分も活躍したいけどなかなかうまくいかない。

 

競合となるライバルを見て自信喪失

→競合を上回る力が欲しいけれど、なかなか難しい。

 

家庭や子育てという時間の制約で思うように仕事が進まなくて自信喪失

→本当はもっと仕事の時間をとりたいけど、難しい。

 

こんな感じで、自分が思い描く未来に、なかなか手が届かない。

それが自信喪失の原因ではないでしょうか。

 

とにかく小さくてもいいから、できることをやる

 

思い描く未来になかなか手がとどかないのなら、

思い描ける未来から手を伸ばしてみてはどうでしょうか。

 

思い描く未来が、100km走ることなら、

一度に100km先まで走るのは無理だけれど、

毎日10km走ればいい。

それが無理なら毎日5km走ればいい。

それでも無理なら毎日1km走ればいい。

それでも無理なら最初は10mから始めればいい。

 

 

たとえ10mでも、自信喪失して歩けなくなっていたのに、10m走れるなんてすごいよ!

って私なら思う。

それに、ゴールが10m近くなったのは間違いない!

これってすごくない?

 

走ることを継続することでだんだん体がついてきて、

前よりも長く走れるようになる。

スピードだって上がってくる。

 

さらに、

早く走るにはどうしたらいいのか?

もっと走れるようになるにはどうしたらいいのか?

なんて、沢山考えることで、パフォーマンスだってグングン上がってくる。

 

小さくても前に進むことは大切だと思う。

 

小さくても成功体験は自信になる!

小さくても成功体験が積み重なれば、大きな自信になる!

 

 

まとめ

 

思い描く未来になかなか手がとどかず、自信を喪失してしまったのなら。

 

その思い描く未来に行くために、

まず思い描ける未来から手を伸ばしてみてはどうでしょうか。

 

 

小さな目標でも達成できたのなら、自分を褒めようよ!

達成する前の自分より、間違いなく成長してるよ!

 

小さくても前に進んだのなら、また違った景色が見えてくる!

だから前に進もう!

 

 

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© スタジオKサロン , 2018 All Rights Reserved.