2018/09/11

【経験談】結婚を機に転職をしたはずの私が、出産後1年で辞めることになった理由。

 
tennshoku

この記事を書いている人 - WRITER -

7歳と2歳の子供がいる福岡県在住のママです。
2012年に起業し、スタジオKという会社を運営しています。
2017年5月、起業・集客に特化したこのブログの運営を開始しました^^
詳しいプロフィールはこちら

SACHIKO

この記事を書いている人 - WRITER -

 

 

今の会社では結婚しても続けることができない・・・

ナナコさん

結婚する前に転職した方がいいのかな・・・

ナナコさん

結婚しても続けられる会社を選ばないと・・・

ナナコさん

 

 

結婚が決まったとき、結婚後のことを考えて転職を考える方も多いのではないでしょうか。

 

こんにちは!SACHIKOです。

 

実は、私も結婚を意識するようになったとき、転職をしたんです。

結婚後、家庭と仕事を両立したい!

そう思って、これを条件に転職。

 

なのに、出産後わずか1年で退職しました。

 

辞めるの早すぎですよね・・・

ナナコさん

ですね・・・苦笑

SACHIKO

 

今日は、結婚を機に転職を考えている女性に向けて、私の経験談を書いてみようと思います。

「当時知っておきたかったな。」と思うことも書いています。

 

あなたは結婚後どんな働き方を望んでいますか?

そのことについてより掘り下げて考えるきっかけになってもらえたら嬉しいです。

 

結婚を機に転職。けど・・・

 

転職前の状況

wakaijyosei

当時は私は制作会社に勤めていました。

朝5時まで仕事、週に1度も休みがないなんて日常茶飯事で、本当に忙しい日々。

その一方で当時おつき合いしていた彼(今では主人)と結婚を考えていました。

 

仕事は好きだけれど、こうも忙しくては結婚しても間違いなく働き続けることはできない。

転職するなら結婚前にした方がいい。

 

そう思って結婚前に転職を決意しました。

 

いざ転職

woman-isogashii

 

産休育児休暇がとれて、残業が少なくて、働き続けることができる会社。

当時の私にとって、そのことが一番魅力的に感じました。

 

そして、その条件を満たしている大手企業に見事就職。

 

でも、前みたいに仕事が好きだとは言えませんでした。

 

今までの職種と全く異なる職種についたことも原因の1つです。

ただそれ以上に、上司の罵声が一日中響き渡る社内、常に雰囲気の悪い会議、その中に楽しさを見出すことはできませんでした。

 

結婚・そして出産。けど・・・そのまま退職

jyosei_tasogare

転職した2年後に結婚、3年目に出産。

育休が終わったら、復帰しようと思っていました。

仕事は正直好きではなかったけれど、子供のこれからの養育費を考えたら働いた方がいいと思ったからです。

 

でも、復帰せずに退職しました。

 

うちの子供はとにかく病気ばかり。

0歳の間に入院も2回しました。

どこかが悪いというわけではないのですが、とにかく病気しやすい体質だったんです。

あまりに病気するので、病気をもらわないよう、どこにも出かけない時期もありました。

それでも、とにかく病気しました。

 

仕事に復帰したとしても、子供の病気を理由にきっと月の1/3は仕事に行けない状況になる。

どんな会社でもそんなこと許されるわけない。そしてあまりに迷惑をかけすぎる。

 

そう思って、退職を決断しました。

 

子育て中だから思う理想的な働き方

mother

 

子供が病気の時、必ずそばにいてあげたい。

私の場合、そんな想いが退職のきっかけになりました。

 

でも、思います。

もし仮にそのとき退職していなくとも、

私は早かれ遅かれ会社を退職する道を選んだだろうと。

 

なぜか。

 

子育てをしている中で、私の理想の働き方がどんなものであるのか気づいたからです。

 

私の理想の働き方は

  1. 子供が病気したときは、必ずそばにいてあげたい。
  2. 子供の行事は、全部参加したい。
  3. 自分が仕事を休む度に気をつかって消耗したくない。
  4. 好きなことで働きたい。
  5. 自分の仕事に誇りを持ちたい。
  6. 仕事と家庭のバランスの割合を状況に応じて自分でコントロールしたい

というもの。

 

理想が高いと言われるかもしれません。

 

でも、理想と現実のギャップに苦しみ、結局は退職する道を選んでいたと思うのです。

 

 

現在の私

 

現実はそんなに甘くない。

ナナコさん

 

そう思う方もいるかもしれません。

 

でも、私は今の自分の働き方に満足しています。

 

私の理想に近い働き方ができていると思っています。

SACHIKO

 

ただ会社勤めではありません。

起業することで実現しました。

 

 

退職したもののやはり少しでも働きたくて・・・

ものづくりが趣味だったので、制作会社での経験を活かし、知り合いの結婚式の招待状などをつくり始めましたんです。

これなら家にいながら出来るし、つくるのは好きだし。

軽い気持ちで始めたわけです。(もちろんたくさん頑張りましたよ^^)

 

当初からはだいぶ形は変わりましたが、今では小さい会社ではあるけれど順調に成長しています。

 

私のお店です↓
結婚式のペーパーアイテム(招待状、席次表、席札、引き出物の紙袋など)を販売しています。一流ホテルでも採用されているお洒落でハイクオリティなものを揃えています。

 

 

自分で起業した結果、

私の理想の働き方↓

  1. 子供が病気したときは、必ずそばにいてあげたい。
  2. 子供の行事は、全部参加したい。
  3. 自分が仕事を休む度に気をつかって消耗したくない。
  4. 好きなことで働きたい。
  5. 自分の仕事に誇りを持ちたい。
  6. 仕事と家庭のバランスの割合を状況に応じて自分でコントロールしたい

 

私の理想の働き方は全て手にいれることが出来たように思います。

SACHIKO

 

そして、しっかり収入も得ることはできています。

 

今にいたるまで決して楽な道のりではなかったけれど、

理想とする働き方は自分でつくることができる

今、それを実感しています。

 

主婦で起業しても子育てと両立できる?起業5年目の私の1日のタイムスケジュール

 

仕事と家庭のバランスの割合を状況に応じて自分でコントロール

 

仕事は頑張っていたけれど、子供が小さい間だけはそばにいてあげたい。だから会社を辞めることを決意。

ナナコさん

パートナーの転勤で仕事を続けられなくなった。

ナナコさん

子育てが終わったかと思ったけれど親の介護がはじまり、仕事を続けられなくなった。

ナナコさん

 

こんな女性、たくさんいると思います。

 

ママや主婦である以上、子育てや家庭の制約を必ずうけます。

ただその制約は常に一定ではありません。

人生の中で、制約が大きくなるときもあれば小さくなるときもあります。

 

だからこそ、自分が置かれている状況に応じて、家庭と仕事のバランスを自分でコントロールしたいと思ったのです。

 

でも、どこかの会社に勤めてそれを実現しようとするなら、それはかなり難易度が高いように思います。

今の日本の社会ではこれを実現しようとすると、起業という道しかないのではないかとも思います。

 

 

私の場合、あと5年位で子供の手が離れ出します。

手が離れるころは、私も今よりもっと動けるようになります。

その時のために、ゆっくりですが、今準備を始めているところです。

 

この先も、家庭とのバランスを考えながら仕事量を増やしたり減らしたりしていくと思います。

SACHIKO

 

 

まとめ

 

  • 結婚を機に転職をしたはずの私が、出産後1年で辞めることになった理由
  • 子育て中に気づいた理想とする働き方

について書いてみました。

 

 

女性は、結婚や出産を機に、ライフスタイルがガラリと変化します。

そして価値観だって大きく変化します。

その変化の大きさは、想像以上です。

 

 

だからこそ、結婚を機に転職を考えている女性に、

理想とする働き方は、自分でつくることができる

そのことを知ってほしい。

 

それが分かっていれば、ライフスタイルや価値観が変化した時、その都度、柔軟に対応していくことができるから。

 

 

 

こちらの記事もおすすめ

■新しい働き方を色々紹介してますのでぜひ♡

絶対知ってほしい!ママや主婦の「新しい働き方」とその具体例

 

■料理が得意なら、料理教室を開いてみては?

自宅で料理教室を開くときに必要な資格とは?始めるときに絶対抑えておきたいポイント

 

■初期投資に大金を使うのはおススメしないけど、自宅以外で料理教室を構えるから資金が必要っていう人へ。補助金を利用しよう♪

ミラサポで利用できる補助金を検索!補助金・施策情報をイチ早くゲット!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© スタジオKサロン , 2017 All Rights Reserved.