ブログで習い事教室に集客したい?なら、キーワード選定は絶対必須!初心者にもわかるように方法を解説するよ

 
keywords

この記事を書いている人 - WRITER -

7歳と2歳の子供がいる福岡県在住のママです。
2012年に起業し、スタジオKという会社を運営しています。
2017年5月、起業・集客に特化したこのブログの運営を開始しました^^
詳しいプロフィールはこちら

SACHIKO

この記事を書いている人 - WRITER -

 

習い事教室に集客するためにブログ書くぞー!

ナナコさん

 

 

習い事教室の集客のためにブログを書く、これは間違っていません。

ブログというツールはすごい集客ツールです。

 

でも、むやみやたらにブログを書いても集客できないということは知っていますか?

 

え!そうなの?

ナナコさん

 

今日は、
ブログで教室に集客したいのなら
絶対知っておかなければいけない「キーワード選定」について
解説したいと思います。

キーワード選定ができると、ブログにアクセスを集められるようになるし、見込み客も増やすことができますよ^^!

SACHIKO

では早速いってみましょう

 

ブログで習い事教室に集客するときに不可欠!「キーワード選定」とは?

 

gimon

 

キーワード選定って何ー!?
出たよ出たよ、専門用語。
やだやだー!

うさぴょん

キーワード選定って何?

そう思った方も多いのではないでしょうか?

  • キーワード選定って何なのか?
  • なぜキーワード選定をしなければいけないのか?

まずは、それについてお話しようと思います。

突然ですが、
あなたはインターネットで何かを検索するとき、
検索窓にどんな言葉を入力しますか?

 

例えば、ダイエットの方法を知りたいときは?

ダイエット 方法
ダイエット 方法 簡単
ダイエット 食事
ダイエット 運動

などなど、調べたい内容と関連した単語を入力しますよね?

 

 

うん、確かにするする。

うさぴょん

 

 

kensaku

 

そう、この検索窓に入力する単語が「キーワード」です。

 

なので、

「キーワード選定」は、「キーワードを選ぶ作業」のこと。

 

キーワード選定の目的は、
キーワードの検索結果に、ブログを上位表示させるため
なんですね。

 

人は何かを検索する時、
調べたい内容に関連したキーワードを入力しますが、
実は、人が入力するキーワードは共通しているため、
しかも、それをグーグルがデータとして把握しているため、
需要があるキーワードというのが分かるようになっています。

 

ブログ書いたとしても、
需要があるキーワードが入っていっていなければ
検索にひっかかるはずがない
ということは何となく分かってもらえるかと思います。

 

 

なので、ブログで上位検索を狙うなら、

 

ブログを書く前に、見込み客が使うようなキーワードを調べる。

どのキーワードにするか選ぶ

そのキーワードに対しての答えとなるようなブログを、キーワードを使いながら書く

そのキーワードに対しての検索結果で上位表示を狙える

 

というような工程があることを理解しておかなければいけません。

 

【ポイント】

キーワード選定の目的は、
需要があるキーワードで検索上位表示させるため

 

 

ブログが検索で上位表示されるとどうなるの?

 

happy

 

ブログが検索結果で上位表示されることによって、
当然ながら、たくさんの人にブログを見つけてもらえるようになります。

 

下に検索順位によるクリック率を表したグラフです。

kennsakukekka

 

やはり1~3位はクリック率が高いですよね。
検索結果2ページ目(11位以降)になるとほとんどクリッくされない状態。

 

ガーン!

うさぴょん

 

ブログであなたの教室に集客したいなら、
需要があるキーワードでの上位表示がとても大切
だということがあらためて分かってもらえたかと思います。

 

上位表示されるようになると、

  • そのブログ記事は、あなたが何もしなくとも、24時間365日集客装置として働いてくれるようになる。
  • 見込み客が調べそうな需要がある様々なキーワードでの上位表示を狙うことができる→集客装置としてどんどん強大な力を発揮してくれる。

これってスゴイことだと思いませんか
(SNSだとみられるのは投稿した瞬間だけなので、これはブログの大きなメリット)

 

検索で上位表示されるってすごく大切なことなのに、
キーワード選定をやらずに
ブログを書いている習い事教室の講師の方はとても多いです。。。

「今日のレッスン」
「今晩は、満月ですね・・・♡」

とかいうタイトルとかのブログってよく見ますが、
そのキーワードを使って検索する人はいないので、
検索にひっかからないんです。

 

ブログって、1記事書くのけっこう大変だったりしますよね、

ブログをせっかく書くなら、
検索で上位表示されるような記事を
書いた方がいいと思いませんか?

キーワード選定が出来ていない講師が多いなら、チャンスってこと!?
「教室ジャンル+地域名」のキーワードで検索上位表示も狙えるってこと!?

うさぴょん

お!するどい!

SACHIKO

 

【ポイント】

ブログが検索結果で上位表示されると、
たくさんの人にブログを見つけてもらえるようになる。

せっかくブログ記事を書くなら、
キーワード選定して上位表示を狙わないともったいない。

 

 

ブログで教室集客するときに実践してほしい「キーワード選定」の方法

 

shabondama

 

じゃあ、どうやって検索上位って狙えるの?
キーワード選定の方法は?

うさぴょん

 

ブログの検索上位表示に欠かせない
「キーワード選定」の方法について
簡単にまとめるとこんな感じ↓

 

 

【キーワード選定の方法】

  1. 検索に使われるようなキーワードを選ぶ
  2. 選んだキーワードで検索してみて、競合のチェック
  3. キーワードに対しての答えを、競合よりもいい形でブログに書いてあげる。

 

この3点を意識することが大切。

SACHIKO

 

1 検索に使われるようなキーワードを選ぶ

まず検索にはどんなキーワードが使われているか調べ、キーワードを選びます。

 

例えば、

あなたが福岡で料理教室をしている講師だとします。

まず、見込み客がどんなことを調べるかを想像してみましょう。

 

料理教室にくる人って、料理すきだよね。
じゃあ、料理でおもてなしすることも多いはずよね。
「おもてなし料理」ってキーワード使って検索する人もいるよね?

ナナコさん

 

見込み客を思い浮かべて、
こんなキーワードで検索する可能性あるなと
想像力を働かせてみましょう。

 

では、今回は、「おもてなし料理」というキーワードについて考えてみましょう。

 

実際に「おもてなし料理」というキーワードが、

  • 実際に検索されているキーワードかどうか、
  • それに関連したキーワード

まずはこの2つを調べていきます。

 

キーワード選定に役立つツールはいくつかあるのですが、
今回はキーワードプランナーというツール
を使って調べていきます。

 

キーワードプランナーの入力窓に
「おもてなし料理」と入力すると、「おもてなし料理」というキーワードを選択できるようになりますので、クリックします。

keywordplanner1

 

「開始する」の青ボタンが現れるので、そのボタンをクリックします。

 

keywordplanner3

 

 

すると
おもてなし料理に関連するキーワードが表示されました。

 

keywordplanner4

 

表示されたキーワードは、
グーグルが沢山の人の検索履歴として把握している需要のあるキーワードです。

 

表の中にある項目に着目します。

keywordplanner5

【月間平均検索ボリューム】
月に検索されている回数

【競合性】
ライバルが多いか少ないか

【入札単価】
このキーワードで広告を出した場合の金額(高ければ高いほど、お金に変わりやすいキーワードということ、つまりライバルサイトも多い&強い傾向がある)

 

 

キーワードを選ぶコツ

注意したいのが、
月刊平均検索ボリュームが
が大きければいい訳ではないんですね。

例えば「おもてなし料理」だけだと、
月刊平均検索ボリュームは多いけれど、
キーワードが漠然すぎていいブログが書きにくいし、
書いたとしてもいきなり上位表示はかなり狙いにくいです。

 

では、「おもてなし料理」というキーワードにプラスして、一緒に検索されているキーワードを探してみましょう。

 

一緒に検索されているキーワードを探すには、

キーワードプランナーの「フィルタを追加」をクリックします。

 

keywordplanner6

 

 

出てきた項目の中の「キーワードのテキスト」をクリック。

keywordplanner7

 

 

キーワードテキストの中に、「おもてなし料理」と入力し、「適用」ボタンをクリック

 

keywordplanner8

 

すると、おもてなし料理と一緒に検索されているキーワードが沢山でてきました。

keywordplanner9

 

 

月間平均検索ボリューム少ないけれど少なからず需要があるキーワードで、競合も少ないです。

 

それに、キーワードが複数になったことで、書く内容もだいたい想像できますよね。

「おもてなし料理」だけだと漠然としていますが、

「料理 おもてなし 簡単」→おもてなしできる料理で簡単な料理が知りたい
「夏 おもてなし 料理 レシピ」→夏に最適なおもてなし料理のレシピが知りたい

と複数になると検索している相手のニーズがより具体的に想像できるようになりますよね。

 

まずはこういう小さいキーワードに対しての答えをブログを書くことで、上位表示していく。
それを積み重ねる。

すると、「おもてなし料理」というビッグキーワードにも強っていく。

 

こんな感じです。

 

おもてなし料理というキーワードに強くなれば、

「おもてなし料理 教室 福岡(地域名)」で検索した時に、
あなたの料理教室が上位表示表示される可能性が高くなるということです。

 

もちろん、
・「料理教室」というキーワードを使った記事
・「福岡(地域名)」というキーワードを使った記事
を沢山書いていくことが必要ですが。

 

検索順位を決めるのは、Googleなんですが、

Googleはこんな認識としては、

この人、おもてなし料理について記事沢山書いているな。

Google

この人、料理教室についての記事沢山書いているな。

Google

この人、福岡(地域名)についての記事沢山かいているな。

Google

じゃあ!
「おもてなし料理 教室 福岡(地域名)」
というキーワードの検索結果は、この人のブログを一番にしよう!

Google

 

ざっくり簡単な説明ですが、こんな感じ。

Googleって、検索したキーワードに対して的確な検索結果を出したいんですよね。

だから、
おもてなし料理について記事沢山書いている。
この人、料理教室についての記事沢山書いている。
この人、福岡(地域名)についての記事沢山かいている。
そして色んな記事で上位表示されている。

 

このブログなら信頼できるぞ!
キーワードの検索結果として上位表示しよう!

Google

となるんです。

 

選んだキーワードで検索してみて、競合のチェック

 

otokonoko

 

ここまでで、
どんなキーワードを使ってブログをかいていくか
分かってもらえたかと思います。

 

では、ブログを書く前に、
その選んだキーワードを使ってあなたも検索してみましょう。

どんなサイトやブログが検索上位に入っているかチェックしましょう。

 

上位表示されているサイトをみれば、
検索した人がどんな意図で検索しているのかわかるはず。

 

人は何か調べたいことや悩みを解決するために、

キーワードを入力して検索するんです。

だから、その答えになるようなブログを書くことが大切。

 

あなたが今から書こうとしているキーワードに対して

既に上位表示されているサイトやブログよりも、
分かりやすい&質の高いブログを書くことを意識しましょう。

 

 

キーワードを使って教室の集客ブログを書いていくよ!注意点は?

 

tannpopo

 

「キーワード選定」と「競合調査」が終わったら、

 

いよいよ、

あなたの教室に集客するために、

ブログを書いていきましょう!

 

キーワードを使った質問に対して、キーワードを使って答えを書いていくわけですが、

そのときの注意点があります。

 

キーワードは、タイトル、見出し、本文にそれぞれ入れる[/keikou]

ということ。

 

ブログタイトル

ブログタイトルにキーワードを入れなければ、
まずそのキーワードで上位表示されることはない
と考えてもらっていいくらいです。

 

例えば、

「夏 おもてなし 料理 レシピ」というキーワードを狙ったとしても、
グーグルは、タイトルにこれらの全てのキーワードが入っていなければ、
そのキーワードについて書いたブログだと認識できないんです。

例えば、

に喜ばれる!自慢のおもてなし料理レシピを大公開!」

とか。

 

タイトルには必ずキーワードを全ていれましょう。

これは大、大、大前提です。

 

それが出来たら、タイトルをキャッチーにしてみましょう。クリック率があがります。

ブログタイトルの決め方|集客したいなら絶対知っておきたいコツを一挙公開

 

ブログの見出し

見出しもGoogleが重要視するところです。

 

見出しとはいわゆるh2タグのこと。

下の記事では、この部分。(私のブログではピンクの背景に白文字にしています。)

例えば、私たちは本や文章を読むとき、見出しを見れば大体それがどんな内容か掴むことができますよね。

 

それと一緒で、Googleも見出しは重要なことが書いてあると認識するんです。

見出しにキーワードを入れていくことで、Googleはそのキーワードについて書いてあるブログだと認識しやすくなります。

 

ブログの本文

タイトル、見出しに加えて、本文にもキーワードを入れていきましょう。

この時、注意したいのは、
キーワードのことを「これ」「それ」などという代名詞で表現してしまうこと。

キーワードは「これ」「それ」などという代名詞で表現するのはやめましょう。

 

例えば、

おもてなし料理を開催しているとして、

「この料理教室を開催しているのは・・・」と表現するのではなく、
「おもてなし料理教室を開催しているのは・・・」と表現する。

キーワードのことを「これ」「それ」と表現しても、
Googleは何を指しているかわからないからです。

注意してくださいね。

 

本文にキーワードを使いながら、よみやすい文章にすることも意識してくださいね。

【読みやすいブログの書き方】ブログ初心者でもコツを知るだけで、驚愕の効果が!

 

【ポイント】

タイトル、見出し、本文それぞれに、キーワードを必ず入れる

 

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ブログで教室に集客したいのなら、
ブログを上位表示させることはとても大切。

 

そして、
ブログの上位表示には、「キーワード選定」は必須!
ということを知ってもらえたのではないでしょうか。

 

ぜひぜひ、あなたも実践してみてくださいね!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© スタジオKサロン , 2018 All Rights Reserved.