2018/09/11

習い事教室の集客方法|個人教室に不可欠な集客術!大手教室には真似できない方法とは?

 
kojinnkyoushitsu-taisetsu

この記事を書いている人 - WRITER -

7歳と2歳の子供がいる福岡県在住のママです。
2012年に起業し、スタジオKという会社を運営しています。
2017年5月、起業・集客に特化したこのブログの運営を開始しました^^
詳しいプロフィールはこちら

SACHIKO

この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは、SACHIKOです。

 

個人教室の講師の方の中には、集客に困っている方が沢山います。

 

集客できない原因は色々考えられるんですが、

その1つに、個人教室の強みを生かしきれていないということがあったりします。

 

個人教室であるのに、個人教室の強みを生かしきれていないのは、非常によろしくない。。。

 

個人教室であることがご自身の中で何となくネックになったり、

売上が大きいところの集客方法を真似しようとして、

大手教室の集客方法をそのまま真似してしまう講師の方も多いです。

 

でも、大手教室の真似をして、同じ戦法をとっていたら、なかなか集客は難しいんです。

 

個人教室の強みとはなんなのか、

集客にどう生かしていけばいいのか、

個人教室の集客方法について書いていこうと思います。

 

では、早速いってみましょう!

 

個人教室が大手教室の集客方法を真似してはいけない理由

 

no

 

なぜ、大手教室の集客方法を真似しないほうがいいのでしょうか?

答えは簡単。

大手教室と個人教室では、資金力が全く違うからです。

 

大手教室の集客法とは

 

大手教室がとっている集客法は、資金力があるからこそなんです。

普通の個人教室が大手教室の真似をしようとすると、すぐに経営が悪化するので、注意が必要です。

 

広告

例えば、広告。

大手教室はバンバン広告だしていますよね。

ご存知の方も多いかと思いますが、広告ってものすごく高いんですよ。

知らない人のために、参考までに

広告だと、地方媒体紙やネット広告になるかと思うんですが、

例えば、地方媒体紙といえど、3cm各の広告枠でも数万円するし、

リスティング広告(1クリック○円のネット広告。例えば「料理教室 福岡」で検索されたときに表示される広告だと1クリックで200円位はかかる)であれば、

1件の申し込みをとるためにものすごい金額をかけてるんです。

広告でたとえ集客できたとしても、広告を出したことで赤字になったり、広告費を回収するためだけに働いているような状態になったりします。

個人教室が集客を広告に依存するのは、とても危険なんです。

 

低価格を売りにする

大手教室には、低価格を売りにしているところはあります。

それを真似するような形で、

大手教室がこの価格だから、うちも・・・。

周りの教室がこんなに安いから、うちも・・・。

というような感じで、「うちもこんなに安いんですよ」ということを売りにして集客するのは避けた方がいいんです。

 

大手教室が低価格を売りにできるのは、次の2つのうちどちらかです。

  • 講師が一人ではないため薄利多売形式を採用できるから
  • 低価格の商品はあくまでフロントの商品(客よせ用の商品)でバックエンド商品(本命の高単価商品)に誘導できるから。

 

個人教室が低価格を売りにしてしまうと

  • 客単価が以上に低くなり利益がなかなか出ない状態になる。
  • 沢山働いても利益がほとんどない。

という状態に陥り、結果、心身ともに疲れ果て持続できない状態になってしまんです。

 

設備の充実を売りにする

大手教室の設備の充実度は半端ないですよね。

キレイで広々とした教室・・・。

完璧なまでに充実した設備・・・。

それを真似したい気持ちもわかります。

それに負けじと、というか、きちんとしたいという気持ちから、すごい金額かけてリフォームしたり、すべての設備を完璧に揃えたりする講師の方も多いです。

でも・・・!

最初から多額をそこだけに投資してしまうと、資金が底ついて身動きできなくなるんです。

最初からすぐに経営が安定するほどの利益をとれる講師の方はほとんどいません。

最低限必要な設備で小さく始めて、試行錯誤しながら、徐々に設備を充実させた方が絶対に経営は安定します。

 

大手教室の集客法をそのまま真似するって、ほんと危険なんだね・・・!

うさぴょん

 

個人教室の強みとは?

 

kokoro

 

先ほども書いたとおり、個人教室が集客するには、個人教室の強みを生かすことはとても大切なんです。

 

では、個人教室の強みって何なのでしょうか?

 

個人教室の強みなんてわからない・・・

個人教室が大手教室に勝るものなんてないのよ・・・

 

なんて思って卑屈になってしまっている講師の方もいるかもしれません。

 

それは違うぞ!

SACHIKO

 

個人教室が大手教室に勝るもの、それは「講師の強い想い」なんです。

青臭いって思う方もいるかもしれませんが、

「講師の強い想い」は本当に集客のコアの部分なんです。

 

なぜ、講師になったのか、

なぜ、教室を始めたのか、

どんな人を助けたいのか、

日ごろどんな想いで指導をしているのか、

どんなことを大切にしているのか、

どんな未来を目指したいと思っているのか、

そこには必ず講師の強い想いがありますよね。

 

もちろん、大手教室には講師が強い想いがないかというと、そうではなくて、

個人教室よりも想いが伝わりにくいんです。

大手教室には講師が沢山いるので、もっている想いは講師によって違っていたりもするし、

講師が目指している方向は講師ごとに違っていたりするし、

マニュアル化されて講師が個人教室のように立ち回りが自由にいかなかったりして、自分の想い通りに動けない講師の方も沢山います。

 

それに比べて個人教室は、講師の強い思いを自由に語れるし、相手にも伝わりやすいんです。

 

講師自身の想いを語ることで、

この先生についていきたいな

という生徒さんを集めればいいんです。

 

大手教室のブロンドを重要視する生徒さんは、個人教室は最初から集める必要はないんだね!

うさぴょん

 

 

集客手段は何を使えばいい?

pexels-photo-356079

では、集客手段として何を使えばいいのでしょうか?

その問いに対して、私はブログが一番効果的だと思っています。

 

ホームページだと、専門知識がないと自分でなかなか更新できないのでどんどん書くことができないし、

SNSだと、見られるのは投稿した瞬間だけになってしまいます。

ブログなら、どんどん書くことができるし、一度書いた記事はずっとストックされて資産になるし、

グーグルの検索上位表示される記事が増えれば増えるほど、そこから自然と人が入ってくるようになります。

 

付け加えると、ブログをベースに、SNSとうまく連動することで集客効果は格段に上がっていきます。

【成功への近道】教室を開業してインターネットで集客するときのおススメの方法

 

 

ブログに想いを書いて、どんどん自己開示してみよう。

見込み客に信頼してもらうには、自己開示ってとっても必要な要素。

個人教室ではない講師の方にとって、ブログで熱心に自己開示することは、なかなかハードルが高いんです。

けっこう手間暇がいるから。

だからこそ、個人教室の講師がそこができるととても強い武器になるんです。

SACHIKO

 

ただ、ブログで集客するには知識は必要。

集客するには、ある程度の知識は必要なんです。

ブログにも集客するには、最低限必要な知識はあります。

 

検索に引っかかるような書き方だったり、

見やすい文章の書き方だったり、

タイトルのつけ方だったり、

人がよみたくなるような形で書いたり

などなど。

 

ブログタイトルの決め方|集客したいなら絶対知っておきたいコツを一挙公開

集客の効果絶大!|教室の先生がブログの検索順位を上げる方法

個人教室の講師必見!ブログで教室集客を成功させる大切な10のルール

【読みやすいブログの書き方】ブログ初心者でもコツを知るだけで、驚愕の効果が!

 

このブログにも沢山書いていますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

個人教室の集客術として、講師自身の想いをどんど語るという手法をご紹介しました。

個人教室の強みは、その教室の講師自身の強い想いなんです。

 

なぜ、講師になったのか、

なぜ、教室を始めたのか、

どんな人を助けたいのか、

日ごろどんな想いで指導をしているのか、

どんなことを大切にしているのか、

どんな未来を目指したいと思っているのか、

ぜひ、自分の想いを棚卸して言語化してみてくださいね。

 

想いを相手に伝わるように言語化することで、

そして、ブログに書くことで、

そこに賛同してくれる生徒さんがきっとあらわれるようになりますよ^^

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© スタジオKサロン , 2018 All Rights Reserved.