2018/09/11

【経験談】子育て中に主婦で起業した私の葛藤と本音。そして現在。

 
41889adb1ff8c44ed419fe53ad229060_s

この記事を書いている人 - WRITER -

7歳と2歳の子供がいる福岡県在住のママです。
2012年に起業し、スタジオKという会社を運営しています。
2017年5月、起業・集客に特化したこのブログの運営を開始しました^^
詳しいプロフィールはこちら

SACHIKO

この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは、SACHIKOです。

 

昨日は、私の息子の卒園式でした。

私にとっても、特別な日。

 

本当に優しい子に育ってくれました。

私に沢山幸せをくれてありがとう。

生まれてきてくれて本当にありがとう。

そんな想いで胸がいっぱいになりました。

 

 

 

6年前。

私は、子供が1歳の時、起業しました。

将来への不安、

好きなことを生かして子育てと両立して働きたい

そんな想いから、起業の道を選びました。

 

起業すれば、簡単に子育てと両立できると思っていました。

ただ、私にとって、この6年間は想像以上に大変でした。

 

子育て中に起業した人の中には、

もしかしたら、かつての私のように、

いろんな葛藤や罪悪感と戦っている人はいるんじゃないか?

 

そう思い、今日は記事を書いています。

 

 

子育て中に起業。でも、子育てと仕事の両立が上手くいかない。葛藤や罪悪感で押しつぶされそうになった4年前

主婦起業の失敗例|子育てしながら起業する人に読んでほしい、私の6つ失敗の記事でも書いているのですが、私の4年前は、自分の人生中で一番辛い時期でした。

 

売上は少し上がってきた時期。

でも保育代を確保するほどの十分な利益はない時期。

忙しくて、睡眠時間を確保することができなかった時期。

 

仕事はセーブしたかったけれど、お客様の都合上、それはできない。

 

仕事をする時間は、子供が寝た後の深夜から夜明け。

 

当時私は妊婦で、寝てなさすぎて、身体はきつくて。

つらくてつらくて、子供へのキャパが異常に狭くなってしまったりして….

 

子育てと両立するために起業したのに、

子育てと両立できるどころか、自分が思い描いていた優しいママでいることができない。

そんな自分が嫌で嫌で、辛かったなぁ。

 

 

とにかくこの生活はまずい。

 

子供は2歳だったけれど、幼稚園の一時預かりを利用することを決意しました。

 

子供は2歳なのに、預けるなんて可愛そう。

そんな視線は私をたくさん追い詰めました。

 

初めて子供を預けた日、今でも忘れられません。

 

先生に子供を預けて私が離れようとしたときの子供の不安そうな顔。

 

 

そんな子供の顏が目に焼き付いて、

帰り道、涙がとまりませんでした。

 

私は何してるんだろう。

収入につなげるどころか、子供に寂しい思いをさせているだけじゃないか。

ごめんね、ごめんね。。。

 

子供に申し訳ない気持ちでいっぱいで、泣きながら運転して帰ったのを覚えています。

 

 

そして今

 

起業して、6年目の今。

何とか子育てと両立しながら、働いています。

睡眠時間はもう削りません。

 

 

上の子は、そのまま幼稚園に進級して卒園。

その後生まれた下の子は保育園を利用していましたが、4月から幼稚園に転入します。

 

 

この前、子供に聞いてみました。

ママが働いていることについてどう思う?

と。

 

答えは、、

う~ん、どっちでもいい^^

だそうです。

 

拍子抜けな答えでしたが(^-^;

でも、それが逆によかったとも思いました。

 

なぜなら、子供の認識としては、

ママは自分が幼稚園に行っている間だけ働いているみたい

程度の認識だったからです。

 

 

現在は、

他の子と同じように、幼稚園から帰ってきて、

そしておやつを食べて公園に出かけます。

そして他の子と同じようにお母さんである私に見守られながら

お友達と公園で本当に楽しそうに遊んでいます。

 

そして、お友達よりも早くから幼稚園に行っていたことは、

彼の中で若干誇りにさえ思っているようです。

 

私たち親子には、正直、私が起業という道を選んだことで、辛かった時期もありました。

でも、結果オーライのようです。

 

最後に

かつての私のように、

子育てをしながら起業したことで、

罪悪感や葛藤で押しつぶされそうになっている女性起業家がいるかもしれません。

 

そんな女性起業家にとって、

「子育ては今だけ」

その言葉がどれだけ酷なことか分かっています。

 

私が経験したことだから。

 

でも、「子育ては今だけ」という言葉は真実。

 

 

だからこそ、

子供に優しく接するために、あなたの睡眠時間を確保してほしい。

余裕がなくなって、子供に辛くあたらないように、後悔しないように。

睡眠時間が確保できないようであれば、一人でしょい込まずに一時預かりを利用してメリハリをつけてみてもいいと思う。

 

睡眠時間がないと、やっぱり人間、どうしても余裕がなくなります。

それにパフォーマンスだって悪くなります。

 

だから、まずは寝てほしい。

正しい判断ができる頭と心の状態をつくるのは、あなたとお子さんにとっても本当に大切なことだから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© スタジオKサロン , 2018 All Rights Reserved.