2018/09/11

お願いしなくても生徒がSNSにあなたの教室を投稿してくれるように!その方法教えます

 
seitosns

この記事を書いている人 - WRITER -

7歳と2歳の子供がいる福岡県在住のママです。
2012年に起業し、スタジオKという会社を運営しています。
2017年5月、起業・集客に特化したこのブログの運営を開始しました^^
詳しいプロフィールはこちら

SACHIKO

この記事を書いている人 - WRITER -

 

 

生徒さん、SNSに私の料理教室の写真を投稿してくれないかな・・

ナナコさん

 

とは思っていても、

 

口が裂けても「私の料理教室の写真をSNSに投稿してください。」なんて、生徒さんにお願いすることはできませんよね。

 

でも、あなたの料理教室のことをSNSに投稿してもらいたい。

 

ではどうしたらいいのでしょうか。

 

お願いできないのであれば、生徒さんが自らSNSに投稿したくなる状態をつくってみてはいかがでしょうか。

SACHIKO

 

 

今日は、生徒さんが自らSNSに投稿したくなる状態になる具体的な方法を書いていきたいと思います。

 

 

生徒さんが自分のSNSに投稿してくれることの重要性

 

自分で投稿しているから、生徒さんには無理して投稿してもらわなくていいの

ナナコさん

 

という先生もいらっしゃるかと思います。

 

でも、

生徒さんがSNSに投稿するということが、どれだけメリットがあるのかご存知ですか?

SACHIKO

 

生徒さんが自分のSNSに投稿してくれることのメリット

 

例えば、あなたは1回4人の生徒に教える料理教室を月10回行っていると設定します。

仮に、全ての生徒さんが自分のSNSに料理教室に関する写真を投稿した場合、どれだけの人にあなたの料理教室を知ってもらえると思いますか?

 

Facebook は、1人あたり100人の友達がいると言われていますので、

 

1回の料理教室で4人の生徒さんの場合、

4人 × 100人の友達 = 400人

seito

 

月に10回行うと、

4人 × 100人の友達 × 月10回 = 4000人

 

 

さらに、

その投稿にいいね!が押されると、

生徒さんの友達の友達にもあなたの料理教室を知ってもらえることができます。

 

 

その数、もはや、計算できません^^

SACHIKO

 

 

この人数に広告を出そうと考えると・・・・ものすごく高いです。

しかも、広告出すより生徒さんがSNSに投稿してくれた方がはるかに効果的なのです。

 

なぜなら、

生徒さんとSNSでつながっている人たちは、生徒さんと年齢・居住地が近い人が大半を占めます。

なので、生徒さんと似たような価値観を持っている人がその中に沢山います。

似たような価値観を持った人達がゆえに、あなたの教室に興味示す可能性は非常に高いのです。

 

 

今回はfacebookを例にあげましたが、SNSには他にもInstagramやTwitterもあります。

併用して利用している人も多いので、それを考えると、生徒さんにSNSに投稿してもらうことのメリットはさらに大きくなりますよね!

SACHIKO

 

 

お願いしなくても生徒さんがSNSに投稿してくれる方法

 

SNSに料理教室の写真を投稿して

ナナコさん

とは口がさけても生徒さんにお願いできませんよね。

 

先ほども書きましたが、

お願いできないのであれば、生徒さんが自らSNSに投稿したくなる状態をつくることでその悩みは解決します。

 

写真を投稿したくなる時はどういう時か?

まず、どういう時に人はSNSに投稿するのか考えてみましょう。

  • 楽しいとき
  • 新しい情報を得たとき
  • 面白いことがあったとき
  • おしゃれなものを見つけたとき
  • すごいと思ったとき
  • 驚いたとき
  • 感動したとき

このような時に、投稿したくなりますよね。

このような心理のときにSNSに投稿したくなる。

これをヒントに、生徒さんが自らSNSに投稿したくなる状態を計画的に作っていけばいいのです。

 

生徒さんが自分の作品の写真を撮る時間をつくる

初めてのことをして、自分の作ったものがうまく出来上がったら嬉しいんですよね。

 

私にもこんなにうまく作れた!

と、驚き・楽しさ・感動が生まれているわけです。

 

自分が何かの作品を作ったときのことを考えてみると分かりやすいかと思いますが、

  • 写真に残したい
  • 人に見せたい

そういう心理が自然と働きませんか?

 

実は、生徒さんも写真を撮りたいと思っていたりするものなのです。

 

せっかくの作品なので、いつでも写真撮ってもらっていいですよ

ナナコさん

上手く出来上がったので、今から写真をゆっくりとってもらう時間をとりますね!

ナナコさん

 

となどど声かけすることで、写真をとることを促してみることも大切です。

 

写真を撮りたくてもなかなか撮れないという生徒さんでも写真を撮りやすくなりますし、写真をとることを考えてなかった人でも、せっかくなら撮ってみようかなと思ったりするものです。

 

これで写真を撮ってもらうことはクリアできます。

SACHIKO

 

でもこれだけでは、SNSへ投稿してもらうという点から言えばまだまだ弱いかと思います。

なので次は、SNSへの投稿を後押しする工夫です。

 

うまく写真がとれるように、小物を用意しておく。

 

うまくできた作品って人に見せたくなります。

その作品がとてもよく写真にとれたら、その写真をSNSで投稿したくなりますよね。

 

生徒さんの作品が写真映えするように、小物を準備しておくというのはかなりおすすめです。

pasta

bread

salada

 

ちなみに私の場合

私はネットショップを運営していますが、商品写真のためにある程度の小物を揃えています。

私は写真のど素人ですが、小物を使うことで、作品はうんと写真映えするようになります。

 

実際の写真はこれ↓

i_cle_001

 

i_mam_te

 

i_shug_01

 

i_soe_ki_main01

結婚式のペーパーアイテムなので、あなたの教室とは趣旨が違うかと思います。

でも、写真をお洒落に見せたいなら、どの分野でも小物はかなり役に立ちます。

私がよく使うのは住宅用の壁紙です。

先ほどの5枚の写真のうち4枚この住宅用の壁紙を使っています。(作品の下に引いています。)

木目調和風など様々なものがありますので、何種類か持っておくととても便利です。

その他にも、造花・ビー玉・お洒落な食器はよく使います。

 

 

生徒さんの作品が写真映えするような小物をぜひ用意してみて下さいね。

SACHIKO

 

まとめ

お願いしなくても生徒さんがSNSに投稿してくれる方法いかがでしたでしょうか。

 

今回は、

生徒さんの作品を写真映えさせてあげる工夫をすることで、生徒さんが自ら写真を撮ってSNSに投稿したくなる状態をつくる

この方法をご紹介しました。

 

他にもやり方は沢山あると思います。

 

大切なのは、生徒さんが自らSNSに投稿したくなる状態をつくるということ

 

これができると、

お願いなんかしなくても、生徒さんが楽しみながらSNSに投稿してくれる

ということに加え、

生徒さんの満足度も高めることができます。

 

 

こんなに素敵な写真がとれてうれしい♡

SNSに投稿してみたら、これほんとに自分でつくったの?ってコメントが沢山♡

生徒さん

 

ってなります。

 

これが上手くいくと

生徒さんが満足してくれて、SNSも楽しんで投稿してくれて、新しい生徒さんまで連れてきてくれる。

この流れができるわけです。

 

 

お願いしなくても生徒さんがSNSに投稿してくれる方法、色々考えてみて下さいね!

 

こちらの記事もおすすめ

 

■ブログで集客したいなら

【読みやすいブログの書き方】ブログ初心者でもコツを知るだけで、驚愕の効果が!

ブログタイトルの決め方|集客したいなら絶対知っておきたいコツを一挙公開

 

■ホームページをつくる前に読んで欲しい

起業・開業を考えている人は必見!!ホームページをつくる前に絶対知っておきたいたった1つのこと。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© スタジオKサロン , 2017 All Rights Reserved.