2018/09/11

【リピート率が低い本当の原因は?】習い事教室の先生が見落としがちなポイント

 

この記事を書いている人 - WRITER -

7歳と2歳の子供がいる福岡県在住のママです。
2012年に起業し、スタジオKという会社を運営しています。
2017年5月、起業・集客に特化したこのブログの運営を開始しました^^
詳しいプロフィールはこちら

SACHIKO

この記事を書いている人 - WRITER -

 

なんで生徒さんリピートしてくれないんだろう?

ナナコさん

 

新規の生徒さんはいても、2回目に続かない・・・。

なかなかリピーターになってくれない・・・。

 

  • 料理教室
  • パン教室
  • ハンドメイド教室
  • 書道教室
  • パソコン教室
  • ピアノ教室
  • 英会話スクール
  • マナー教室
  • 茶道
  • バレエ教室
  • 音楽教室
  • ヨガ教室

 

などなど、

習い事教室を運営する先生方の中には、

「生徒がリピータになってくれない」

そんな悩みをお持ちの先生がいらっしゃるのではないでしょうか。

 

こんにちは!SACHIKOです。

 

なぜ生徒さんがリピートしてくれないのか?

答えは、技術力不足?

 

確かに、技術力が足りないとリピートしてくれないですよね。

 

ただ、

生徒さんのリピート率が低い原因は、技術力以外であることも多いように思います。

教室を開く以上、普通の人より技術力は優れているはずだから。

 

なのに、リピート率が低い原因が100%自分の技術力不足にあると信じこんでしまっている先生方は沢山います。

その結果、資格をとったり、技術力を磨くことだけに必死になってしまう・・・。

確かに、先生である以上、技術力は常に向上させていくべきであると思います。(資格の有無はあまり関係ないようにも思いますが)

 

生徒さんがリピートしてくれない原因は、先ほども書いたように、それは技術力以外に原因がある場合も多いのです。

私自身、過去、習い事の教室に通って「リピートはしないな」と感じたときは、先生の技術力以外に原因がある場合がほとんどでした。

 

先生はきっとそのことに気づいてない。

せっかく好きなことを仕事にしているのに、もったいないなぁ~とも感じます。

 

でも!

リピート率が低いことに悩んでいるほとんどの先生は、その原因に気づいていないだけなんですよね。

原因がわかれば、リピートしてくれる生徒さんを増やすことは十分にできます。

きっと、「また次回のレッスンに来たいです」と生徒さんが言ってくれるはず。

 

だから今日は、生徒がリピートしてくれない原因(技術力以外の原因)について書いていこうと思います。

 

リピートをしてくれない理由①先生に憧れを感じなかった

 

 

woman2

 

 

 

おっと、けっこう辛口。

うさぴょん

 

 

「憧れることができない原因」を紐解いていくと、「あ、そうかぁ」みたいな初歩的なことですぐにでも改善できることも多いものです。

なのであえて書いています。

 

「この先生、憧れないなぁ」と生徒さんに感じさせてしまうときってどういうときでしょうか?

 

 

生活感が出すぎている。

 

ちょっと想像してみてください。

あなたはある料理教室に行くことにしました。

そしてレッスン当日。

心躍らせて、教室のインターホンをピンポーンと鳴らしました。

どきどきどき。

出てきた先生は、、、

あれ????

服は何だがクタクタ。

髪はバサッとしていてブローしたのかも怪しい。

通された部屋の中は、モノが溢れていて、統一感もなければゴチャゴチャ。

子供のおもちゃが部屋の片隅に雑然とまとめられている。。

壁には町内会の資料がベタベタと沢山。

エプロンは、なぜそれ?

 

などなど

そんな先生、いるわけないと思いますか?

でも事実、意外といるという・・・。

私も数回、こんな生徒さんの気持ちを経験しました。(遠い目)

 

生活感が出すぎていると、レッスンうける前から「次はもうリピートしないな。」

と思っちゃいますし、なんだかすごくガッカリしちゃいますよね。

 

生徒さんの目は思った以上にけっこう厳しいです。

そして特に女性は。

 

生活感の代表格、部屋の片づけと身なりについて、今から考えてみましょう。

 

部屋が片付いていない。

部屋を片付けることが出来ていない先生、けっこう多いです。

趣味のモノなど置きすぎてゴチャゴチャしてしまっている・・・とかもNG。

お金を頂いてサービスを提供する場は、お店と一緒。

生徒さんもお金を支払って、わざわざ片付いていない場所には行きたくないはずです。

片づけたつもりでも、他人の目は厳しいという自覚を。

 

この片づけ掃除リストをチェックして、生徒さんを呼べる部屋になろう

【自宅教室の開き方】人気教室になるための掃除チェックリスト

 

先生が身なりに気をつかっていない。

朝、家族を送ったまんまの姿でレッスンしてないですか?

髪をきちんとセットしていますか?

 

先生は、普通の主婦であってはいけません。

「さすがだなぁ」という身なりにしないといけません。

 

なぜなら、身なりはレッスンの内容にまで影響を与えるからなんです。

どんなにいいレッスンでも、先生が身なりを疎かにしてしまうと、レッスンの内容が生徒に響かないんです。

身なりが生徒さんへの満足度に大きな影響を及ぼすんですね。

 

(見かけと話す内容に不一致があると、内容がきちんと伝わらないということは、アメリカの脳科学の研究で既に証明されています。)

 

 

要するに、レッスンの価値を感じてもらいたいなら、先生は身なりに気を遣う必要があるんですね。

しかも、身なりに気を遣うことで、先生自身の自信にもつながり、よりいいレッスンが出来るようになります。

 

あなたのレッスンの価値が正しく伝わるように、身なりだって武器にしていきたいですね!

 

自分の家庭の事情を話してしまう。

 

「うちの旦那なんて、家事一切しないのよ。ほんと、ずっと家にいてくれない方がいいわ~」

「ローンが沢山あるから、頑張って働いているのよ。」

 

切実なお金・パートナーへのちょっとした悪口だったり。

先生の中には、先生自身の家庭の事情を生徒に話してしまうという先生も。

場を盛り上げるために、それを話題にしたつもりでも、

生徒さんとしては、

「うわぁぁぁ。この先生なんかお金に困ってるんだなぁ。」

「今そんなこと言われても返答に困るなぁ。。。」

「生徒にそんなことを話すなんて、常識がないなぁ。」

とか色々思ったり、どう反応すればいいのか分からない場合があります。

 

生徒さんから憧れられない原因をつくるような話題を自分からしないように気をつけましょう。

(反対に、自慢話をしないようにも気をつけましょう)

 

先生にエネルギーを感じない

やる気になったり、会話してると楽しいって思える、エネルギーを与えてくれるような先生だと、また会いたいって思いませんか?

でもその逆は・・・?

 

日によって、テンションが全然違う、、

機嫌が悪いのか悪くないのかわからない、、

なんか元気がないですけど、大丈夫ですか?なんて突っ込みたくなる、、

だったら??

 

余計な気を使わなければいけない、エネルギーを感じない先生だとしたら行きたいとは思わないですよね。

やっぱり会いたくなるような先生でないと、ですね!

 

宗教は政治の話はNG

宗教は政治的な話は、個人の思想に関するかなりデリケートな問題。

避けた方がベターです。

 

 

不誠実

 

 

batsu

 

 

「不誠実」だと感じる、これも生徒のリピート率が低い原因の1つ。

 

え!私は生徒さんに誠実に対応しているわよ!

ナナコさん

 

もしかしたら、誠実に対応しているつもりでも、生徒さんにうまく伝えられていないというケースがあるのかもしれません。

 

「この先生、なんか不誠実だな。」そう生徒さんが感じるときって、どんな時でしょうか?

そのポイントを今から書いていきたいと思います。

 

 

お出迎え・お見送りをしてくれなくなった

「先生、前までお出迎え・お見送りをしてくれていたのに、この頃してくれなくなった・・・」

あるあるですよね。

 

準備や片づけ・他の生徒さんの相手で忙しいとついつい、

「この生徒さんは慣れているから、ほったらかしでも大丈夫。」

なんて甘えが出てきてしまっていませんか?

 

生徒さんがインターホンを鳴らしたときは、

「入ってきてね~」ではなくてお出迎えしてあげましょう。

生徒さんが帰るときは、しっかりお見送りする。

 

生徒さんが慣れてきてもしっかりお見送りをすることで、

「先生から大切にしてもらってるんだな。」と思ったりもします。

逆にしてもらえないと、

「なんか私なんてどうでもよさそうだなぁ。」と寂しい気持ちになります。

 

お見送りの際には、

「今日は来てくれて嬉しいです。」

「今日もお会いできて嬉しかったです。」

などなど、生徒さんに感謝の気持ちを伝えてあげてくださいね。

 

先生との接点が少なすぎる

先生と全然話せない・・・。

先生との距離が遠い・・・。

 

グループレッスンをしている教室に、よくあるケースです。

先生と接点が少なすぎると、生徒さんは寂しさを感じちゃんうんですよね。

 

特に教室に通いだした最初の頃は、生徒さんはけっこう不安も大きい状態。

やさしく声かけをしたりするなど、特に気をつかってあげてくださいね。

 

輪に入りにくい

 

先生と一部の生徒さんで盛り上がっていて、輪にはいりにくい・・

 

一度に大人数の生徒さんに対してレッスンをしている教室には、これまたよくあるケース。

先生が生徒さんと会話が弾むのはいいこと。

でも、一部の生徒さんとばかり会話が弾んでは、他の生徒さんとしては輪に入りにくいし、疎外感を感じることも。

 

例えば、大人数・グループレッスンの料理教室で試食タイムがあるなら、

仲のいい生徒さんの中に座るのではなく、まだ慣れていない生徒さんの近くに座るなどの配慮も必要かと思います。

ただその時、前から来てくれている生徒さんがないがしろにならないようにも気をつけてくださいね。

 

 

 

プロ意識が感じられない

 

「この先生、プロだなぁ。」

と感じたら、先生がかっこく見えて、この先生についていきたくなりませんか?

逆に、先生にプロ意識を感じられないと、がっがりして生徒さんもこの先生についていきたいとは感じなくなっちゃいます。

 

 

「この先生、なんかプロ意識が低いな・・・」と感じてしまうときってどんなときでしょうか?

 

道具が100均

例えば、料理教室に多いけれど、100均の道具を多用しているなどなど。。。

100均は使っている側も「これ100均だな」わかります。。。

道具は、おしゃれさに重点をおくよりも、プロが使用しているような機能性に優れている道具を使用した方が、より先生の意識の高さを感じるよね!

うさぴょん

 

資料の完成度

この資料、昨日の夜、間に合わせで作った?

というような資料はNGです。。。

 

パソコン苦手だから・・・

という言い訳は言いっこなしです。

 

あと、材料分量や時間は正確に載せましょう。目分量で、というのはNG。

 

資料はただレシピを載せるだけではなく、ポイントや関連した知識なども書かれていると親切だね。

うさぴょん

 

 

ただ単に、生徒さんが次回レッスンを予約するきっかけを逃しているだけ

特に不満もないし、レッスンは満足はした。

またレッスンに行きたい。

そう思ってくれた生徒さんでも、次回予約をしていないと、リピーターには繋がってくれない場合がほとんどです。

 

え!満足したのに、次回来てくれないの!?

ナナコさん

 

日常生活に戻ると、他のことの方が優先順位が上になってしまったりして、またレッスンに行きたいという気持ちが薄らいでしまう場合がよくあります。

 

その時次回の予約さえ入れておけばリピーターに繋がったのに、そのタイミングを逃してしまったケースですね。

 

 

「楽しかったな、またレッスン受けたいな」

生徒さんの気持ちが絶頂の状態にあるレッスン直後に、次回の予約をとる。

 

これを意識することは、リピート率を大きく左右します。

 

 

まとめ

生徒さんがリピートしてくれない原因(技術力以外の原因)は、

 

  • 先生に憧れを感じなかった。
  • 不誠実だと感じた。
  • プロ意識を感じなかった。
  • 次回へのレッスン予約のタイミングを逃している

 

などが考えられるよ、ということを書いてみました。

 

 

技術力以外のことでも、リピート率は大きく左右されるんですよね!

 

興味深いね!

うさぴょん

 

何かの気づきになれば嬉しいです。

 

色々書いてきましたが、私自身も気を付けたいと思います。

好きなことや得意なことで収入しっかり立てていけるように、いろんな角度からモノゴトを見つめていきたいですね!

 

 

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© スタジオKサロン , 2018 All Rights Reserved.