2018/09/11

集客の効果絶大!|教室の先生がブログの検索順位を上げる方法

 
seo

この記事を書いている人 - WRITER -

7歳と2歳の子供がいる福岡県在住のママです。
2012年に起業し、スタジオKという会社を運営しています。
2017年5月、起業・集客に特化したこのブログの運営を開始しました^^
詳しいプロフィールはこちら

SACHIKO

この記事を書いている人 - WRITER -

 

 

ブログで集客したいのだけれど・・・

私の教室ブログ、検索順位を上げるにはどうしたらいいの?

ナナコさん

 

 

集客のためにブログをけっこう頑張って書いているんだけど、

ブログの検索順位が上がらない・・・

 

もしあなたがこんな悩みのを抱えているのなら、

頑張り方のベクトルがズレてしまっていることが原因かもしれません。

 

ブログって、正しい書き方ってあるんです。

それを知らずにただブログを書いても、なかなか検索順位って上がらないんです・・・。

 

でも安心してください!

 

今から、

あなたの教室ブログの検索順位をあげるためには、どうしたらいいのか。

そのために必要な知識と具体的な方法について書いていきます。

 

この記事に書いてあることを実践するだけでも、あなたのブログは、十分に検索上位を狙えるようになります^^

ぜひ最後まで読んでくださいね!

 

 

地域密着型の教室ブログは検索上位表示を狙いやすい!

 

jyosei

 

 

 

本気で言いますが、

あなたの教室ブログを「教室ジャンル + 地域名」で上位表示させるのは、けっして夢物語ではないです。

 

「教室ジャンル+地域名」とは、

例えば、

「料理教室 福岡市」

「パン教室 熊本市」

といったもの。

 

はっきりいって、検索上位は狙いやすいです!

 

ほんと?嬉しい♡

うさぴょん

 

 

なぜ、「教室ジャンル + 地域名」で上位表示を狙いやすいのかというと、

・検索上位表示対策の方法は、教室の先生にまだまだ浸透しきっていない。

・地域密着型のお教室ブログは地域が限定されるので競合が少ない。

といった理由があるからです。

 

 

 

「教室ジャンル + 地域名」で検索上位になれば、

生徒さんがどんどん集まってくれる。

地域媒体などに高い広告費なんてかける必要もなくなる。

もう集客に頭を悩ますこともないし、余分な広告費をかけることもなくなるので、経営が安定する。

 

「教室ジャンル + 地域名」で上位表示されると、あなたにとっていいことずくめですよね!

 

なので、

どうやったら検索上位表示を狙えるのか、

その方法を正しく知ることが、どれだけ大きなメリットかお分かりいただけるはずです。

 

 

ブログで集客したいなら、SEO対策はかかせない

 

ブログで集客したいなら、あなたは必ずSEO対策をする必要があります。

 

 

SEO対策って何?

いきなり何の話?

ナナコさん

 

って言う人も多いかもしれませんね。

 

でも、売上を大きく左右するほどすごく大切な話。
頑張ってついてきてくださいね^^

SACHIKO

 

 

SEO対策とは『検索エンジン最適化』と言われていますが、

つまり、どういうことかというと、

Googleに、あなたのサイト(ブログ)の情報をきちんと認識してもらって検索で上位表示させるための対策です。

 

 

Googleは「すべてはユーザーのため」という理念を持って運営しています。

なので、グーグルはユーザーのために、質のいいサイト(ブログ含む)を上位表示したいんですね。

 

 

ものすごく簡単に説明すると、要は、

ブログを上位表示させるためのSEO対策とは、

  • グーグルがちゃんと情報を読み取れるような形でブログ記事を書く
  • 検索している人にとって価値があるブログ記事を書く

がとても重要になるということなんです。

 

 

では、いよいよ、検索順位を上げるための具体的な方法について書いていきますね!

 

教室の先生がブログの検索順位を上げるための具体的な方法(SEO対策)

 

 

キーワード選定

 

ブログを検索上位させたいならキーワード選定が一番大切!

そう言っても過言ではないくらい、キーワード選定はものすごく大切です!

 

キーワード選定とは、そのブログ記事がどんなキーワードで検索されることを狙うのかを決める作業です。

検索されたいキーワードを決めて、ブログ記事を書いていくんですね。

 

 

キーワードとは、あなたもインターネットで検索をしたことがあるならわかってもらえると思うのですが、

何かを調べるとき、グーグルヤフーなどの検索窓に調べたいことに関する何らかのキーワードを入れますよね。

それです。

 

 

例えば、福岡で料理教室に行きたいと思っている人なら、

「料理教室 福岡」

「福岡 料理教室 少人数」

といったキーワードかもしれません。

 

 

ただ、ここで注意したいのが、キーワードは、むやみやたらに何でもいいっていう訳ではないんですね。

キーワードはきちんと需要があるものを選ぶ必要があります。

そもそも需要がないキーワードだったら、検索されないブログ記事になってしまうからです。

 

 

需要があるキーワードを選ぶ方法

じゃあ、需要があるキーワードを選ぶにはどうしたらいいのか?

 

どのキーワードが、どれだけの人に検索されているのか。

実は、それを数で知ることができる無料のツールがあるんです。

 

Google Adwordsキーワードプランナーというツールです。

使い方は、こちらで説明しています。

→Google Adwordsキーワードプランナー使い方(現在準備中)

 

 

私もブログを書くときは、必ずキーワード選定をします^^

ブログを上位表示させたいなら、キーワード選定は必ずしましょう!

SACHIKO

 

タイトルにキーワードを入れる

タイトルには、狙ったキーワードを入れ込んでくださいね。

タイトルにキーワードを入れることで、

このブログ記事はこのキーワードに関することについて書かれているブログ記事なんだな。

とグーグルと人の両方が理解できるからなんですね。

 

なぜ人とグーグルの両方に理解してもらう必要があるのかというと、

人:自分が検索したときに使ったキーワードがタイトルに入ってない→関係ないブログ記事と思う。→読まない。

グーグル:グーグルが検索順位を決めているから。

(インターネットの世界では、グーグルは神様レベルの影響力なんです。)

 

例えば、

「1月26日のレッスン♪」

なんてタイトルでブログ記事を書いている先生は多いですが、これはもったいないです。。。

グーグルも人も何のレッスンなのか把握できないですよね。

もしあなたがそれをしてしまっていたのなら、今日からでもタイトルにキーワードを入れることをぜひ意識してみてくださいね!

 

タイトルのつけ方は超重要です。

  • 検索順位を左右する
  • クリック率を左右する

からなんですね。

 

人が思わずクリックしたくなるタイトルのつけ方をこちらでまとめています。

ブログタイトルの決め方|集客したいなら絶対知っておきたいコツを一挙公開

コツさえわかれば、人に読んでもらえる確率がグンと高くなるので、ぜひ読んでみてください^^

 

見出しにキーワードを入れる

 

見出しは使っていますか?

これです↓

midashi

見出しがあると、

人は記事が読みやすくなるし、グーグルはブログ記事の情報をより把握しやすくなります。

検索順位を上げたいなら、見出しは必ず使うようにしましょう。

 

 

見出しの使い方

見出しにしたい場所を選択して、見出しを選びます。

WordPressの場合はビジュアルエディタの『段落』というメニューで見出しを選ぶことができます。

※アメブロも見出しをつけることはできます。

 

midashi

↑WordPressの見出しのつけ方

 

見出しを使うときは、3つ約束事があります。

  • 見出し1は使わない
  • 見出しの順番を守る
  • 見出しには「これ」「あれ」という言葉は使わず、キーワードを自然な形で入れ込む

 

ブログ記事の中で見出しをつくりたいときは、見出し2(h2タグ)以降を使います。

見出し1はタイトルに使うものだからです。

※タイトル欄にタイトルを書くだけで見出し1と認識されますので、見出し1は使う必要はありません。

見出しは基本的に見出し2を使い、その補足的な見出しが必要な場合、見出し3を使うというような感じです。

 

ちょっとわかりにくいので、例えばダイエットについてブログ記事を書くとします。

 

 

ダイエットに失敗する3つの原因 →(見出し2)

原因1:〇〇○○ →(見出し3)

原因2:〇〇○○ →(見出し3)

原因3:〇〇○○ →(見出し3)

ダイエットを成功させるには  →(見出し2)

おすすめのダイエット方法     →(見出し2)

まとめ   →(見出し2)

上のような感じで、見出しを使っていきます。

 

見出しの順番を守った上で、キーワードを自然な形で入れ込むようにしていきます。

見出しに「これ」「あれ」というような代名詞を使うと、人もグーグルも何のことを言っているのか理解できないので、代名詞はつかわないようにしましょう。

 

文章中にもキーワードを入れる

ブログ記事の本文の中にも、もちろん自然な感じでキーワードを入れていきます。

普通に文章をかけば、自然な感じでキーワードは入るかと思いますが、せっかくのキーワードを代名詞に置き換えてしまう人がいるので、注意しましょう。

 

読みやすい文章を書く

読みやすい文章がなぜ、大切かというと、

読みやすい文章でないと、人は読んでくれないからです。

 

実は、Googleはユーザーのブログの滞在時間もデータで把握しています。

 

滞在時間が短いブログ → ユーザーが価値を感じていない大したことないブログ

滞在時間が長いブログ → ユーザーが価値を感じている良いブログ

 

という判断基準になり、ブログの滞在時間も検索順位にも関わってくるんです。

 

読みにくいと感じた瞬間、ユーザーはブログから去ってしまいますので、読みやすい文章にする必要があります。

 

読みやすい文章にするには、実はコツがあります。

こちらの記事を見れば、誰でも読みやすい文章を書けるようになりますので、ぜひ見てみてください。

【読みやすいブログの書き方】ブログ初心者でもコツを知るだけで、驚愕の効果が!

 

 

ブログ記事は2000字以上を目安にする

1記事があまり短すぎても、内容がない記事になってしまいますよね。

それにユーザーの滞在時間も短くなってしまいます。

 

ブログ記事は感覚として長ければ長いほどいい気がします。(ダラダラ書けばいいというわけじゃないです)

ただ、最初から1記事1万字を目標にするとハードルが高くなってしまうので、2000文字以上を目安に書いていくといいと思います。

 

SNSで拡散してアクセスを集める

 

bloglink

 

ブログをSNSと組み合わせていますか?

 

SNSにブログ記事のリンクを貼るメリットとしては、

アクセスを瞬間風速で集めることができるから。

 

しかもSNSでブログ記事のリンクを貼ると、知り合いがブログを読んでくれたりしますよね。

知り合いだと、最後までブログを読んでくれる方も多いです。(全く知らない人だとすぐにブログから離脱してしまう場合も多いので・・・)

 

つまり、SNSはアクセスが増えるだけではなく、ブログの滞在期間(1人あたりがブログを読んでくれている時間)が増える

ということになります。

 

検索順位を決めているグーグルは、

アクセスの数やブログの滞在期間(1人あたりがブログを読んでくれている時間)をデータでちゃんと把握しています。

 

なので、

  • アクセス数が多い
  • ブログの滞在期間(1人あたりがブログを読んでくれている時間)が長い

ということは、グーグルから言っても、

ちゃんと読まれているいいブログという判断の基準にもなります。

 

  • アクセス数が多い
  • ブログの滞在期間(1人あたりがブログを読んでくれている時間)が長い

のは検索上位対策の面から見てかなり外せないポイントなので、

たとえ瞬間風速でも、更新の度にSNSにリンクを貼って拡散するのは大きな意味があると思います。

 

レッスンの様子は毎回ブログ記事にする

 

lesson

 

レッスンの様子を毎回ブログ記事にするのって、けっこう大変・・・。

ナナコさん

でも!やっぱり絶対やった方がいいですよ。

SACHIKO

 

メリットは

  • 記事が増える
  • レッスンに来た生徒さんはその日のブログを読んでくれる可能性が高い

→ブログ滞在時間を長くすることができる

  • キーワードを増やすことができる

 

ではないでしょうか。

 

ブログ記事が増える

記事が増えると検索に強くなります。

なぜなら、アクセスの間口が増えるから。

アクセスを集めるのは、トップページだけではありません。ブログ記事1つ1つがアクセスを集めてくれるというイメージです。

 

下の図を見てもらえるとイメージしやすいかも。

 

 

同じ1記事を書いたとしても、

5記事しかないブログの中の1記事と

1000記事もあるブログの中の1記事では

1記事がもつそもそものパワーは違います。

 

もちろん、同じ1記事でも、1000記事あるブログの方が検索には強いということになります。

 

レッスンに来た生徒さんはその日のブログを読んでくれる可能性が高い

 

この教室の先生はレッスンの度にブログを書いている、それが生徒さんに定着していれば、

レッスンに参加して生徒さんは、

先生、ブログに今日のレッスンのことどんな風に書いているんだろう♪

とブログを自分から読みに来てくれるんですね。

生徒さんにとっては自分のことが書いてあったら(名前を勝手に出すのはNG・イニシャルなどを使う)嬉しかったりします。

ブログのアクセスを間違いなく増えるし、顧客満足度も高めることができるのではないでしょうか。

 

キーワードを増やすことができる

レッスンの様子をブログにアップするとき、

「今日、福岡市は雨でしたね」

「今日の生徒さんは春日市からお越しくださいました。」

とさらりと地域名を入れることで、検索されたい近隣の地域名のキーワードも増やすことができますよね。

 

 

ブログを更新する

pc

当たり前、っていう人もいるかもしれませんが、これもとても大切なのであえて書いておきます。

ブログを更新するとなぜ検索順位にも影響するのか知っていますか?

 

ブログは記事を書けば書くほどアクセスの間口を増やすことができるからなんですね。

 

アクセスを呼び込むのは、何もトップページだけではありません。

記事1つ1つがアクセスを呼び込むものとして働いてくれるんです。

10記事しかないブログと1000記事あるブログ、どちらがアクセスがあるかというと1000記事あるブログですよね。

しかもアクセスが沢山あるブログの方が、記事1つ1つのパワーが強いんです。

たとえ全く同じ記事を書いたとしても、アクセスがあるブログの記事の方がそもそも上位表示されやすいということになります。

(↑他の記事と全く同じ記事を書くのは、Googleのペナルティを受けますので絶対にしないでくださいね。ここではポテンシャルの違いを分ってもらうための例えです。)

 

人のためになるようなブログ記事を増やしていくことはとても大切。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

教室の先生がブログの検索順位を上げる方法についてまとめてみました。

 

意外とすぐに自分で出来ることばかりだったのではないでしょうか。

 

あとはこれを本当に実践するのか、しないのか。

 

これに書いてあることを実践するだけで、あなたの教室ブログは十分に検索順位を上げていくことができます。

それができれば集客に困ることは無くなりますよね!

 

なので、ぜひ実践してみてくださいね!

あなたの教室の集客にも、この知識を生かしていただければ嬉しいです。

 

 

 

注意!

SEO対策しますよ!という業者には絶対に依頼しないようにしてくださいね。

理由は後日記事にしますが、これだけは言えます。絶対におすすめできないです。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© スタジオKサロン , 2018 All Rights Reserved.