2018/09/11

本気で伝えたい!主婦が起業・開業して成功するために不可欠なこと

 
shuhu-kigyo-seiko

この記事を書いている人 - WRITER -

7歳と2歳の子供がいる福岡県在住のママです。
2012年に起業し、スタジオKという会社を運営しています。
2017年5月、起業・集客に特化したこのブログの運営を開始しました^^
詳しいプロフィールはこちら

SACHIKO

この記事を書いている人 - WRITER -

 

こんにちは、SACHIKOです。

 

起業・開業準備をしている主婦の方に向けて、

もしくは既に起業・開業しているけど思うような働き方が出来ていない主婦の方に向けて、

本気で伝えたいと思うことがあって、今日は記事を書いています。

 

今日の記事のテーマは、

主婦が起業・開業して成功するために不可欠なこと

です。

 

成功のための小手先のテクニック的なことではありません。

もしあなたがテクニック的なものを求めていたら、この記事はお役に立てません。

 

でもテクニックより大切なことです。

 

主婦が起業・開業して成功するために不可欠なこと。

それは、しっかりとした仕組みづくり。

 

当たり前のことじゃない??

ナナコさん

そういわずに、読んでほしいです。

SACHIKO

 

仕組みづくりができていないと稼げない

それもそうなんですが、

今日はそういうことが言いたいんじゃない。

 

簡単にいうと、

仕組みができていないと、収益が出るようになったとしても、苦しむ結果になる。

 

今日はこれを伝えたくて。

 

 

 

 

売上が上がる=成功 にはならなかった私の過去。

shippai

 

仕組みができていないと、収益が出るようになったとしても、苦しむ結果になる。

実は、これ、私の経験です。

 

話は6年前に遡ります。

 

起業準備~立ち上げ

私は、子育てしながら、結婚式の招待状・席次表・席札などのペーパーアイテムを販売するネットショップを一人で立ち上げました。

子供が小さかったので、作業時間は子供が寝た後。

夜な夜なひたすらパソコンに向かっていました。

事業が始まる前の準備時期、その頃は、夢に溢れていて、無我夢中でした。

 

起業して1年間、売り上げを立てることができなかった。

ネットショップを立ち上げて1年間は十分な量の注文が入りませんでした。

運営費などの経費はかさみ、赤字続き。

といっても、自宅でしていたので、赤字といっても多くて月々数万円レベルだったと思いますが、、、

だけど、主人に養ってもらってるのに、そしてお金も時間も投資しているのに赤字を出してしまう・・・

そのことが本当に申し訳なかった・・・。

 

頑張った結果、起業して1年目、今までにない売上が立つ

でも、試行錯誤して頑張った結果、次第に注文が入るように。

そして、1年目の秋、当時の私にとって、今までにない売上最高記録が出たんです。

 

正直ものすごく嬉しかった。

 

ああ、やっぱり需要があった。

やってきたことが報われた。

 

無我夢中でやってきたので、本当に嬉しかったのを覚えています。

 

「嬉しい」が「辛い」に変わってしまった頃。

売上が上がったことで、経済的に少しだけ余裕はでました。

なのに、辛かった。

(嬉しかったのは一瞬でした。)

 

なぜか。

 

注文が入って忙しくなればなるほど、私は家庭とのバランスをとれなくなったから。

 

 

当時、子供が2歳だったんですが、保育園に預けていませんでした。

なので、この時も私が仕事を出来る時間は子供が寝た後だけだったんですね。

 

なぜ預けていなかったかというと、

  • 注文が入りだしたばかりの不安定な時期、保育代以上の収益を持続して出せるかかわらない。
  • もともと子供を預けることに、ものすごく罪悪感を感じていた。
  • 子供の体調は常に不安定だった。すぐに熱を出す体質だった。
  • 預けるにも手続き上、時間はかかる。

 

という理由があります。

 

起業準備・注文がたいして入っていない時期なら、子育てしながらでも自分のペースをある程度考えることができたんです。何とかなったんです。

でも、いざ、注文が入った時はそうはいきませんでした。

 

とにかく働き続け、身体を酷使するという日々の連続。

 

 

私はネットショップだったので、仕事の流れとしては、

注文→受注処理→制作(これはない時もある)→商品梱包(商品が紙で1枚1枚数えるので結構時間がかかります。)→発送→発送案内

 

とざっとこんな感じでした。

 

これを夜中、注文の分だけこなしていかなければいけない。

 

せっかく私のお店を選んでくれたお客様だからこそ、最大限のサービスを提供したい!

という想いもあり、もう夜な夜な必死でした。

仕事ができない昼間はというと、

締め切りに間に合わせないといけないのに!

しなければいけないことだらけなのに、できない。

そして連日の睡眠不足。

寝たくて寝たくてたまらないのに、寝ることができない。

余裕がなくなって、いつもイライラしてしまっていました。

 

今まで頑張ってきたのに、やっと注文が入るようになったのに。

自分の時間を全部費やすことができるのなら、ぜんぜんこなしていける量なのに・・・。

なのに思い通りに進めることができない。

仕事が忙しくなればなるほど、余裕がなくなり、イライラしてしまって、幸せじゃない・・・。

そんな想いに支配されてしまって、

余裕がなくなりすぎて、家族に優しくふるまうことができなくなってしまいました。

 

完全に負のループです。

 

 

 

でも今は・・・・

 

随分と苦しみましたが、現在はそんな状態ではありません。

 

睡眠時間もしっかり確保できていますし、子育てや家庭への時間もしっかりとれるようになりました。

心の余裕だってあります。

 

現在うまくいっている一番の理由は、仕組みが上手く回りだしからです。

 

 

私の場合、信頼できる人を雇うことで、自分が実働する時間を減らすことに決めたのです。

その分、仕組み作りに力を入れるようにしました。

頭は常にフル回転です。

 

売上が安定していない時期は、正直、人を雇うことでむしろ私の収入はマイナスになりました。

でも、当時の選択は間違っていませんでした。

結果、仕組みづくりに力を入れることで、売り上げも伸び、経済的にも時間的にも精神的にも少し余裕が出てきました。

そして、以前よりも提供できるサービスの質も上がっています。

 

信頼できて自分の価値観を理解してくれている人が、自分と一緒に頑張ってくれるのは、なかなか心強いものです。

安心して今後のことに頭を使うことができるので、私にとってかなりの相乗効果を与えてくれています。

 

 

結局、何が言いたいのかというと

誤解してほしくはないのですが、決して人を雇えって言っているわけではありません。

お願いしてまで自分のチームになってほしい人がいたから、そしてそれが私とって一番必要だったからその判断をしただけのことです。

それに、今のメンバー以外、もう人を増やそうとは思っていません。

 

人を雇わなくても、仕組みづくりをしていく方法はあります。

 

結局、何が言いたいのかというと、

主婦が起業・開業して成功するためには、

  • 子育てや家庭と上手くバランスがとれるような働き方
  • その上でしっかり結果がでる

そんな仕組みづくりが不可欠

だということ。

 

家事や子育てにおいてほとんどの場合、男性よりも女性の方が主を担います。

なのに、仕組みづくりに力をいれず、自分が長時間働くことでしか満足な収入を得ることができなければ、どうなるでしょうか。

やはり家族との時間を犠牲にしてしまう可能性が高いのです。

 

子育てや家庭と上手くバランスがとれるような働き方をしたい。

主婦で起業した方は、そんな想いがきっかけがだったという方が少なくないのではないでしょうか。

むしろかなり多いはずです。

 

 

なのに、当時の私のように、お客様がつくようになったら、子育てや家庭と上手くバランスがとれなくなった・・・

これでは本末転倒になってしまいます。

毎日、罪悪感を抱き、自分自身を追い詰めてしまうなんてことになりかねません。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

主婦が起業・開業して成功するためには、

  • 子育てや家庭と上手くバランスがとれるような働き方
  • その上でしっかり結果がでる

そんな仕組みづくりが不可欠

ということを、私の経験談を例にお話させていただきました。

 

家庭を担う主婦は、自分一人の都合で働く時間を決めることはできません。

家庭の状況に合わせて、働く時間を柔軟にコントロールしていけるような働き方を自分でつくるべきなのです。

 

  • 子育てや家庭と上手くバランスがとれるような働き方
  • その上でしっかり結果がでる

そんな仕組みづくりに力を入れる。

しっかりした仕組みづくりをすることにより、どんどんサービスの質があがり、顧客満足度も高まっていく。

これができると、あなたのビジネスは繁栄します。

 

仕組みづくりについて考えたことがないという人は、理想論だと言わずにぜひ考えてみてくださいね。

常に考える続けることで、5年後の未来が変わってくると思います。

 

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© スタジオKサロン , 2017 All Rights Reserved.