2018/09/11

起業する主婦が増加中!実際どうなの?あなたはどう思う?

 

この記事を書いている人 - WRITER -

7歳と2歳の子供がいる福岡県在住のママです。
2012年に起業し、スタジオKという会社を運営しています。
2017年5月、起業・集客に特化したこのブログの運営を開始しました^^
詳しいプロフィールはこちら

SACHIKO

この記事を書いている人 - WRITER -

 

「主婦起業って、なんか怪しくない?」

「どうせ、暇をもてあました主婦がやってるんでしょ?」

 

「主婦起業」って聞くと、こんな感じで、嫌悪感を持つ人の方が多いではないでしょうか。

 

こんにちは!SACHIKOです。

起業6年目の起業主婦です。

 

主婦起業、まだまだ世間からの視線は冷たかったりします。

でも主婦起業する人が増えているのは間違いない。

 

なんででしょう。

それは、「主婦起業」はそれほど魅力があるからです。

 

主婦起業のメリットとデメリットとは?起業5年目の起業主婦が解説!

 

 

私自身、実際に主婦起業した側の立場ですので、「主婦起業」について、自分なりの意見を書いていこうと思います。

 

 

 

主婦起業って聞くと嫌悪感をもつ人がいる理由

 

 

稼ぎたい主婦をターゲットにする怪しい商売があるから

「カンタンに稼げます」「月商○○○万円になれます」なんて甘い文句で、内容と見合わないコンサル料を請求。

よくニュースで見るような・・・。

 

カンタンに稼げるなんて嘘です。

月商○○○円なんて、月収とは違うし、そもそも本当のことかどうかも不明だし。

 

誠実に結果を出している人は、そんな集客の仕方しないので、どうか騙されないで!

 

 

実際、稼げていない女性起業家が多いから

 

実際、稼げていないんじゃない?

うさぴょん

そう思った人は、鋭い。

 

そうなんです。

残念ながら起業しても稼げていない人多いんです。

 

総務省「就業構造基本調査」及び「女性起業家に関するアンケート調査36」では下のデータが出ています。

 

 

jyoseikigyouka-shotoku

 

■女性起業家の所得

  • 100万円未満・・・69%
  • 100~200万円・・・18%
  • 200~300万円・・・9%
  • 300~400万円・・・3%
  • 400万円以上・・・1%

 

なんと厳しい数字・・・。

 

96%の人が300万円以下の所得ということになります。

この数字からも、稼ぐことがカンタンでないことがわかります。

 

 

未知の世界は怪しまれる。それは世の常だから。

主婦起業が急増化しているのは間違いないです。

でも、全体の割合いからいうと、起業していない人の方が圧倒的に多いですよね。

日本の起業率は海外の先進国よりも群を抜いて低いという現状があります。

日本社会の「雇用されて働くのが当たり前」という思想が浸透している人から見れば、起業するということ自体、未知の世界。

未知の世界って、怪しまれるんです。

それは世の常。

 

 

主婦起業してよかった!そう思う理由

ここまで読むと、

主婦起業なんてしない方がいいんじゃない?

うさぴょん

と思うかもしれません。

 

私は心底、起業してよかったと思ってます!

SACHIKO

 

私は起業して6年目に入りますが、

心底、起業してよかった!!

そう思っています!

 

今からそう思う理由を書いていきますね。

 

自分次第で、所得は増やすことができる!

十分な所得を得ることがカンタンでないのは、

先ほどの女性起業家の所得データの通りです。

 

ビジネスとして成り立っていない原因は

  • 需要とずれている
  • ブランディングできていない
  • 集客に対しての知識不足
  • 仕組みをうまくつくれていない
  • 事業展開の方向性がずれている

という場合がほとんどです。

 

好きなことや得意なことをビジネスにしていくためには、

これらの知識の習得、反映していく力は必ず必要になります。

 

それが出来れば、好きなことや得意なことがビジネスとして回りだします。

自分次第で所得は上げることができるんです。

 

仕事と家庭のバランスを自分でコントロールできるようになった!

 

  • 子供が病気しても休めない。
  • 子供の行事があるのに休めない。
  • 時短で周りに気を遣いながら働いている。
  • 平日は子供に向かい合う時間がほぼない。

会社勤めだとあるあるですよね。

 

会社勤めだと、仕事と家庭を100%自分の望み通り両立するのは、正直難易度が高いです。

 

自分で起業して、

上手く仕組みが回りだせば、

自分で働く時間・スケジュールを調整することができます。

 

実際、私自身も子育てをしていますが、仕事は15時前に終わらせ、毎日子供と公園に行くようにしています。

 

主婦で起業しても子育てと両立できる?起業5年目の私の1日のタイムスケジュール

 

今は、自分の望み通り、仕事と家庭のバランスをコントロールできています^^

 

好きなことが仕事になれば、人生がより豊かになる

 

仕事って、生きていくためにきつくても頑張るしかないよね・・・。

嫌でも耐えるしかないよね・・・。

ナナコさん

 

仕事に対して、そういう考え方をもっている人は多いですよね。

 

真面目で頑張り屋な証拠だと思います。

 

ただ、仕事に大して色んな考え方があります。

私にとって「仕事はきつくてつらいもの」ではありません。

 

 

私にとって仕事とは、

「私の人生をより豊かにしてくれるもの」

です。

 

好きなことだから仕事は楽しい。

仕事をすることで(価値を提供することで)人から喜んでもらい、

それにより収入を得て暮らせる。

 

そして、仕事がまた別の仕事を生み出していく。

 

「仕事」は間違いなく、私の人生をより豊かにしてくれています。

 

まとめ

主婦起業、急増化中といえども、まだまだ世間からの視線は冷たかったりします。

女性起業家の所得データに関しても、正直、厳しいと言わざるを得ない状況です。

 

ただ、所得は、自分次第で上げることが出来ます。

今後は、そこをキャッチアップするサポートをしていこうと思っています。

 

インターネットがこれだけ普及し、様々なメディアがすごい勢いで発展しつづけている状況を考えると、

間違いなく、主婦起業は今後も増えていくはずです。

 

絶対知ってほしい!ママや主婦の「新しい働き方」とその具体例

 

国も施策を打ち出し、力を入れ始めています。

 

 

もちろん、カンタンではないけれど、

主婦だって、好きなことや得意なことをビジネスにしていくチャンスがある。

望む働き方を自分でつくることができる。

そんな時代になり始めています。

 

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© スタジオKサロン , 2017 All Rights Reserved.