2018/09/11

これを意識するだけで商品が100倍売れる!!自分の強み・独自のウリでは商品は売れないよ!

 
ishiki

この記事を書いている人 - WRITER -

7歳と2歳の子供がいる福岡県在住のママです。
2012年に起業し、スタジオKという会社を運営しています。
2017年5月、起業・集客に特化したこのブログの運営を開始しました^^
詳しいプロフィールはこちら

SACHIKO

この記事を書いている人 - WRITER -

 

起業して成功するためには、自分の強み・独自のウリが必要だ!

ナナコさん

 

起業ブームの今、よくこんな言葉を耳にします。

 

こんにちは!SACHIKOです。

 

 

自分の強み・独自のウリ・・・・うーん、難しいですよね。

そもそも、その考えに偏りすぎると危険なのでは?

SACHIKO

 

なぜなら、

自分の強み・独自のウリを見つけたのに、商品(サービス)が売れない・・・

そんな壁にぶち当たってしまっている人をよく見かけるからです。

 

自分の強み・独自のウリだけで、商品(サービス)を売るのはかなり厳しい・・・。

残念ながら私はそう捉えています。

 

では、

売れる商品(サービス)をつくりたい!

そう思ったとき、どのようなことを意識したらよいのでしょうか?

 

私はこれまで沢山の商品を販売してきましたが、必ず意識していることがあります。

意識するだけで、売れる商品をつくることができます。

おかげ様で、私のお店には売れない商品というものがありません^^

 

今日は、売れる商品(サービス)をつくるには、どのようなことを意識したらよいのかを書いていきたいと思います。

 

あなたの強み・独自のウリは、本当にお客様の問題解決になっている?

 

pexels-photo-356079

 

ビジネスとは、一言でいうと、お客様の問題解決です。

 

 

例えば、

○○の資格

○〇大卒

留学経験

○年○○会社に勤務

料理が得意

英語が得意

会話が得意

 

これらを掲げている人もいるのだけれど、これらは果たしてお客様にとって魅力的なものでしょうか?

お客様が興味があるのは、ただ1つ。

お客様ご自身の悩みや問題をあなたがどう解決してくれるのか。

ということ。

 

 

 

あなたの強み・独自のウリばかり考えているだけでは、商品(サービス)は売れない。

理由はここにあるんですね。

 

 

 

あったらいいなでは売れない。なくてはならない商品(サービス)なら売れる。

 

jyosei

 

 

あったらいいなではなく、なくてはならない商品(サービス)

 

私は、商品(サービス)をつくるとき、必ず意識しています。

 

モノが溢れている時代、あったらいいなではやはり売れません。

 

でも、

お客様は、

「自分にとって、この商品(サービス)は必要だ!」

そう思ってくれさえすれば、お金を払ってくれるんですね。

 

 

 

私が実際に販売している商品を例にお話ししますね。

 

私は、結婚式の招待状などのペーパーアイテムの手作りキットを販売するネットショップも運営しています。

数でいうと、毎月約300組程の新郎新婦様にご利用頂いています。

 

うちより破格で手作りキットを販売しているお店は他にもあります。

でもその中からなぜ毎月約300組程の新郎新婦様が私のお店を選んでくれるのかというと、

 

・手作りして持ち込みをしたとしても、結婚式にふさわしい上質のものにしたい。

・コスト削減しました感が全面に出てしまう手作りキットは嫌だ!

・失敗したくない

 

という悩みをもっているからなんですね。

安ければいい。そういう方ではないんです。

 

私のお店を利用していただければ、実際それらの悩みは確実に解決して頂けるんですね。

 

・自分でつくっても、プロの仕上がりになる。むしろ、それ以上になる。

・一流ホテルに採用されているラインナップを手作りキットとして使用できる。

・失敗しないように、段取りを丁寧にアドバイス。

などなど。

(もちろん他にもあるのですが、書ききれないので、ここでは省きます)

 

全てのお客様の悩みを解決するのではなく、

ある一定のお悩みを持っていらっしゃるお客様の問題を確実に解決できる、

そんな商品にしています。

 

 

 

なくてはならない商品(サービス)として認識してもらう

tenohira

 

お客様は、

「自分にとって、この商品(サービス)は必要だ!」

そう思ってくれさえすれば、お金を払ってくれる

 

さきほど、そう書きました。

 

逆をいえば、どんなにいい商品でも、

お客様自身が自分に必要な商品だということに気付いてくれなければ、買ってくれないということなんですね。

もう少しかみ砕いていうと、こちらはそのお客様にとって必要な商品だと感じていても、そのお客様はそのことについて知識があるわけではないので、最初から自分に必要な商品だということに気づいてない場合も多いんですね。

 

だから、お客様自身に自分にとってなくてはならないサービスだと認識してもらう、この工程も必要になってくるわけです。

 

 

 

なくてはならないサービスだと思ってもらうために効果的なこと

book

 

この商品は自分に絶対必要なんだ!

うさぴょん

お客さんにそう思ってもらうためにはどうしたらいいのでしょうか。

 

けっこう難しく感じるかもしれませんが、大丈夫!

ポイントさえわかれば、誰でも簡単に実践できますよ^^

 

数字やデータを活用する

お客様に気づいてもらいたいことはどんなことでしょうか?

それは、どんな数字・データがあれば、スムーズに説明することができるでしょうか?

数字やデータから想像するのではなく、どんな数字やデータがあれば効果的なのかを考えてみてください。

数字やデータを自ら探してみましょう。グーグルで検索すれば、大抵調べることができのでとても便利です。

また、余談ですが、これは事業プランや補助金などの申請・プレゼンなど、いろんな場面でつかえる手法なので、ぜひ実践してくださいね。

 

ネガティブな情報を効果的につかう。

これはとても使えます。

例えば、私の場合であれば、結婚式のペーパーアイテムを手作りしたことで、生じるリスクを説明する。

具体的に言えば、

手作りは安くすむけれど、お店や作り方を間違えるとチープな感じになる可能性がある。→ケチりました感が結婚式全面に出てしまう。

だけど、うちにはこういうサービスがあるので、大丈夫です。むしろ、こんな素敵なものになりますよ。

という風にもっていきます。

大事なのは恐怖を植えつけるのではなく、利用することです。

 

ベネフィット・世界が何なのかを提示する。

よく、商品名○○円と、商品名と値段だけ載せている人もいますが、それではなかなかお客様はついてくれません。

あなたの商品(サービス)を買うとどんなベネフィット・世界があるのかを明記してくださいね。

 

例えば、料理教室のおもてなしレッスンを想定してみますね。

 

悪い例)

おもてなしレッスン   7,000円

 

良い例)

「え!?これあなたが作ったの!?信じられない!」とおもてなしした相手から必ず言われるように。
今まで作っていたお料理とは圧倒的に違う見た目と味を手に入れることができます。
単にレシピを見てつくるのではなく、料理の理論・本質もお教えいたします。
そのためどんなレシピを見ても、見ただけでそのレシピは美味しくつれる良質なレシピなのか、そうでないのかを判断できるようになります。
基本的な知識を学ぶことで、土台がしっかりでき、毎日の料理のレベルもグンとアップ。
受講者の方はもちろん、ご家族が喜んでくれているという嬉しいお声を頂いております。

おもてなしレッスン   7,000円

 

いかがでしょうか。

今ちょっと付け加えただけですが

商品(サービス)を買うとどんなベネフィット・世界があるのかを明記するだけで、おもてなしレッスンの価値は高まりませんか?

ぜひ挑戦してみてくださいね。

 

あなたのサービスは、あなた自身が本心からいい商品(サービス)だと感じてる?

goodjob

 

これは、やっぱり重要です。

ただ売れればいいと思うのではなく、あなた自身が本心からいい商品(サービス)と感じでいなければ意味がないと思っています。

自分がいい商品(サービス)だと感じていないのに、それを売っていても、

いつか必ず「こんなことやりたいわけではないんだけどな・・・」という問題に直面します。

自分の商品に自信がある人とそうではない人、同じ土俵に立ったとき、どちらが選ばれるかは明白ですよね。

もちろん、実績もないときに最初から自信がある商品をと言われると難しいかもしれませんが、

常に自分と商品をアップデートしていければ、必ず自信のある商品をつくることができるから大丈夫です^^

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

売れる商品(サービス)をつくるためには、どのようなことを意識したらよいのかを書いてみました。

 

あったらいいなではなく、なくてはならない商品(サービス)をつくる。

そして、どうやったらそれをお客様に気づいてもらえるか考えてみて下さいね。

 

ではでは~!

 

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© スタジオKサロン , 2017 All Rights Reserved.